Q:茶色のワンカラーコーディネートを老けて見えないようにするには?

ANSWER 1
「上下で明度にメリハリを」

全身暗い茶色だと、過剰に渋みが出てしまう危険が。やや薄めの茶色をベースとしたストライプシャツに深い茶色のワイドパンツ。同色系ながら濃度や柄の異なるアイテムを組み合わせることで若々しいスタイルに仕上がる。シャツ¥29,000/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) パンツ¥49,000/スタジオ ニコルソン(キーロ) ヴィンテージの時計¥170,000/コンティニュエ エクストラ・スペース シューズ¥98,000/フラテッリ ジャコメッティ(インターナショナルギャラリー ビームス)

ANSWER 2
「茶色のトーンをすべて変える」

ワン“トーン”ではなく、あえていろいろな茶色を巧みにミックスすれば重くなりすぎない精悍なバランスに。ジャケット¥53,000/ビームスF(ビームス ハウス 丸の内) Tシャツ¥2,100/プロクラブ(ジャヌー・ツー) パンツ¥20,000/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) キャップ¥3,500/フォーティセブン(オーエスエム インターナショナル) ベルト¥19,000/マーティン F × ニードルス(ネペンテス) シューズ¥10,000/ナイキ スポーツ.ウェア(NIKE カスタマーサービス)

ANSWER 3
「クラシックをアップデート」

クラシカルな印象の英国的グレンチェックのスラックスにも茶色がある。トップスにシャツを合わせると堅くなりすぎるけれど、高密度で編み上げたニットTなら軽快な装いに。伝統的なアイテムを取り入れながら茶色を今っぽく着こなしたい。ニットTシャツ¥22,000/アンデルセン アンデルセン(メイデンズショップ) パンツ¥43,000/メゾン キツネ(メゾン キツネ カスタマーセンター) ヴィンテージの時計¥170,000/コンティニュエ エクストラ・スペース シューズ¥40,000/リーガル シュー&カンパニー

ANSWER 4
「ドレスとワークをミックスして」

細番手で美しい光沢感のあるシャツは、イタリア・ナポリのドレスシャツメーカーのもの。そこにあえてのアメリカの王道ワークパンツ。出自や用途の異なるアイテムも、カラーを統一することでスタイルに一体感をもたせられる好例。大人だからこそのユーモアが新鮮だ。シャツ¥27,000/エリコ フォルミコラ(エストネーション) パンツ¥5,500/ディッキーズ(ディッキーズプレスルーム) ベルト¥15,000/ダミーコ(バインド ピーアール) シューズ¥7,000/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)


アー・ペー・セー カスタマーサービス TEL:03-3710-7033
インターナショナルギャラリー ビームス TEL:03-3470-3948
エストネーション TEL:03-5159-7800
オーエスエム インターナショナル TEL:03-6721-0589
キーロ TEL:03-3710-9696
コンティニュエ エクストラ・スペース TEL:03-3792-8979
コンバースインフォメーションセンター TEL:0120-819-217
ジャヌー・ツー TEL:03-3797-4435
ディッキーズプレスルーム TEL:03-6434-1582
NIKE カスタマーサービス TEL:0120-6453-77
ネペンテス TEL:03-3400-7227
バインド ピーアール TEL:03-6416-0441
ビームス ハウス 丸の内 TEL:03-5220-8686
メイデンズショップ TEL:03-5410-6686
メゾン キツネ カスタマーセンター TEL:0120-667-588
リーガル シュー&カンパニー TEL:03-5459-3135
リーバイ・ストラウス ジャパン TEL:0120-099501

Photos:Yuki Kumagai
Hair:TAKAO HAYASHI[ota office]
Stylist:Masanori Takahashi
Model:Toshimitsu Kokido
Text:Haruki Kanda[kontakt]

SHARE