ROLLAGAS WEST END

コートのアクセントに「着こなしたい」ミニバッグ

頑丈なフルグレインカーフレザーにチューブ状のローラガスパターンのエンボス加工を施したミニバッグ。ストラップを付ける位置によって、ショルダーバッグとしても、クロスボディバッグとしても、またストラップを外せば大きめのポーチとしても活躍する。さらに細部にもニクイ演出が多数。T字のバー型ジップは1927年に発売されたユニークライターから、またバー中央の六角形のネジ風ディテールは車の部品から、それぞれ着想されている。内側には4つのカードスロットを備え、いまの生活にフィット。

縦11.5㎝×横20㎝×マチ3.5㎝。¥118,800/ダンヒル


ROLLAGAS TOP HANDLE BAG

軽快なワークスタイルにも
寄り添うトップハンドルバッグ

上と同じフルグレインカーフレザーで、より知的な印象のグレー。ミニバッグより二回り大きく、タブレットの持ち運びに最適なサイズだ。ショルダーバッグやクロスボディバッグとして使えるほか、トップハンドルを引き上げてコンパクトなブリーフバッグとして仕事で使っても違和感なし。ミニバッグと同様、耐久性に優れたコットンライニングでバッグの中身も保護してくれる。色違いでブラックも展開。

縦20㎝×横26.5㎝×マチ7㎝。¥195,800/ダンヒル


LOCK CLIP ROLLAGAS MESSENGER

デザインと触り心地のギャップに
惹かれるメッセンジャーバッグ

上記2点とは対照的に、柔らかなキルティングカーフスキンを使用し存在感のあるメタルクリップクロージャーでアクセントを付けた大きめのメッセンジャーバッグもラインナップ。ローラガス ライターのチューブ状パターンが立体的なキルティングになることでより際立ち、シャープなデザインに対しふかふかとした触り心地という二面性のある佇まいが唯一無二。クッション性があるのでノートPCを入れても安心だ。

縦33㎝×横36㎝×マチ15㎝。¥217,800/ダンヒル


LOCK CLIP ROLLAGAS BACKPACK

あえてスーツに合わせたい
ロールタイプのバックパック

同じくキルティングカーフスキンを使ったバックパック。ジップクロージャーのデイパックと異なり、広いマグネット式の開口部を折り曲げるロールタイプでやや武骨な印象。メッセンジャーバッグと同様、縦のチューブパターンに一本横に走るグレインレザーが全体に整然とした緊張感を与えている。サイドには背負ったままでアクセスしやすいジップポケットも。背中の当たりもソフトなので、クラシックなスーツに合わせてみたい。

縦46㎝×横37㎝×マチ16㎝。¥303,600/ダンヒル


お問い合わせ先
ダンヒル
TEL:0800-000-0835

 ダンヒル 公式サイトはこちら


Photos:Yoshio Kato
Stylist:Masanori Takahashi