前編を読むと、お買い得に思える!?


グローバルブランドの「UNIQLO(ユニクロ)」展示会を速報する試着ルポ、後編では大人男子に支持される特別コレクションの「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」と「UNIQLO and JW ANDERSON(ユニクロ アンド JW アンダーソン)」を紹介する。


全国展開のレギュラー商品をピックアップした前編に続き、後編も大人向けの縛りだ。



まずは、ワンランク上の特別コレクション「ユニクロ ユー」から試着ルポ。前編に引き続き、Y神・H條・まついただゆきの3人が、通常の展示会取材時間内で瞬時に注目アイテムを見極めていく。


H條:この着こなしが今秋冬っぽいかも。ハイネックのスウェットジャージーをコートに差し込んでバケットハットを被る。去年はニットキャップだった。


2022年秋冬もクリストフ・ルメールが率いるパリのデザインセンターから洗練された大人のエスプリが提案された。恒例のスモーキーなアースカラーは、パリの空気とマッチしたルメールの好みでもある。





①トラックジャケット ¥4,990


②トラックパンツ ¥3,990



photo
photo
prevnext


H條による最初のピックアップがこちら。リモート勤務体制も落ち着きつつある2022年秋冬だが、スウェット素材の「トラックジャケット」と「トラックパンツ」は部屋着としても軽い外出着としても重宝しそう。


H條:コーディネートのアイデアが広がりますよね。パンツにも注目で、膝が出にくいセンタークリース入りで裾もリブ仕様じゃないほう。絶妙なバランスを受け止めて、スラックス感覚で着用すべきかしら?


Y神:マネキンが着ている黒のほう、過去の傾向と対策からH條さんは絶対に上下で買うよね。


H條:そ、その声は…。





③ステンカラーコート ¥9,990(※women’s)



Y神:お待たせしました。UOMO副編集長兼WEB UOMOプロデューサーのY神です。ボクの好みにドンズバのネイビーの「ステンカラーコート」について、プレスさんにあれこれ問い合わせをしていたんだよ。


H條:あれま。いつもの雰囲気だったので、このコートは私服だと思っていました。そういえば、目の前のラックには見掛けませんでしたが。


Y神:確認したらウィメンズ。ビッグシルエットのドロップショルダーでボク(身長165cm・体重60kg)でもLサイズで着られたよ。あと、プレスさんからみんなに伝言をお願いされているんだけど…。


まついただゆき:おお、ウィメンズですか。


Y神:あっ。文化系アウトドア男子で元「オールアバウト」編集長のまついさん。




photo
photo
photo
prevnext


まつい:着たことがないので新鮮です。


Y神:「試着ルポで得た情報はまだ実際の商品となる最終のものではない。現時点では、ボクらの試着コメントは第一印象的ニュアンスとして考えてもらえるとありがたい」と、プレスさんより!


H條:ウィメンズは積極的な提案としては微妙だとしても、裏地も隙なくしっかり張られていて好印象です。XXLサイズならば僕でも着られますか?


まつい:パートナーと共有できたりするのであればSDGsの範疇になるのでは?


Y神:ちょっ、みんな、近い!


180cm強の大人2人に詰められるY神。なお、「ユニクロ ユー」2022年秋冬の発売日は未定。本稿に書かれた価格・入荷予定・在庫状況を含むすべての商品情報は2022年6月25日時点でのものです。価格、商品名等は変更となる可能性があります。最新情報は店頭や公式オンラインストアでご確認ください。





④ポケッタブルロングコート ¥9,990



まついが試着した「ポケッタブルロングコート」はライトウェイトのロング丈。着想源はモッズコートだが、粗野なテイストは薄めのミニマルテイストだ。


まつい:アウトドア商品でパッカブルはよくありますが、ここまでディテールに凝ったアウターは稀です。パッカブルじゃなくてもお勧めしたいくらい。


H條:秋風に裾をなびかせて着たいです。



三者三様、大人の「ユニクロ ユー」の着こなし。まつい(身長180cm・体重85kg)とH條(身長185cm・体重90kg)はサンプルのLサイズを着用している。ちなみに2人ともマイサイズはXL以上だ。


H條:Y神パイセンのウィメンズコートですが、なぜにフロントボタンが男前の仕立てに? ホントはユニセックスカテゴリーの商品なのでは?


まつい:アパレル業界ならではの固定観念も、いつかは過去のものになるのかもしれません。


Y神:ま、まついさん!


まつい:そうだ。着丈が短めのライトアウターで、私が気に入ったアイテムがありました。





⑤ユーティリティショートブルゾン ¥9,990



まついが試着したショート丈の「ユーティリティショートブルゾン」はフィッシングジャケットのような雰囲気。「ユニクロ ユー」では珍しく、タフな男っぽさが前面に押し出された印象のアウターだ。


まつい:フロントはファスナーとスナップボタンの併用、袖口は内側が隠れリブ仕立てになっていて体温を逃がさない工夫もある。チンストラップも単なる飾りではなく、風の強い日は本当に使って効果を確かめてみたくなるクオリティです。これは驚きました。


Y神:うむ。このワンランク上の「LifeWear」こそ、「ユニクロ ユー」の真骨頂だと思う。パンツのボリュームの足し引きでスタイリングでも遊べそうだし。


H條:「バブアー」の「SPEY」を彷彿とさせるショート丈で大人の支持を得そう。もちろんオイルドではなくコットン素材で扱いやすい。あと、ここまで紹介してきたアウターの価格は、すべて税込みで9,990円!





⑥ポケッタブル 2WAYバッグ ¥1,990



photo
photo
photo
prevnext


Y神:ボクも軽めのナイロンバッグを見つけました。ポストマンバッグみたいで可愛い。


まつい:Y神さん、これって「ポケッタブル 2WAYバッグ」と書かれてありますし、もしかして、ショルダーを外して内側の折り込みを広げてみると…。


Y神:エコバッグに変身。ま、まついさん!


アイデア商品のような新作バッグも、「ユニクロ ユー」では毎シーズンの楽しみのひとつ。グリーンがかったカーキも今秋冬らしいカラーパレットだ。





⑦フランネルオーバーサイズチェックシャツ ¥3,990



ノーカラーデザインの「フランネルオーバーサイズチェックシャツ」は、夏の終わりから軽い羽織り物としても使えそう。フロントボタンと左胸のポケットに注目すると、几帳面に格子柄が合わせられていた。


Y神:ボクにしては珍しく黒を着てみたよ。隣の「ユニクロ アンド JW アンダーソン」でも、イメチェンしたくなるような逸品が見つかるかな?





⑧ブロックテックフィールドハット ¥2,990



独り佇むH條。「ブロックテックフィールドハット」を被りつつ、なにか思うことがあるようだ。


ちなみに、ハットを構成するパネルには、6月のヒットコラボ「ユニクロ アンド マルニ」でも梅雨対策コートとして評判が良かった花柄コートと同じブロックテック素材を採用。少々の秋雨は傘いらずで過ごせる。


H條:今秋冬の「ユニクロ ユー」には、いつもは全国展開のレギュラーラインで購入している大人客が押し寄せそう。なぜなら、Y神パイセンとまついさんが紹介したコートとブルゾンの価格は、前編で紹介したレギュラーラインのアウターよりも安いのだから。


2022年秋冬から、フリースやダウンなどの主力商品が値上がりする「ユニクロ」のレギュラーライン。果たして、H條の予感は現実となるのか!?




所変わって「ユニクロ アンド JW アンダーソン」へ。打ち出しルックを凝視するY神とまつい。


Y神:中に着たニットが気になる。


まつい:さきほどの「ユニクロ ユー」のパリっぽさとは、また趣きが違いますね。


Y神:ぶっちゃけ、大英帝国の田舎町テイスト。ジョナサン・アンダーソンさんはアイリッシュセーターやアランニットで有名な北アイルランド出身だけに、このニットにも伝統柄を用いていると思うの。





⑨スフレヤーンフェアアイルセーター ¥3,990


⑩コーデュロイパンツ ¥4,990



photo
photo
prevnext


色違いのホワイトがベースカラーになった「スフレヤーンフェアアイルセーター」をピックアップしたY神。レトロな「コーデュロイパンツ」と合わせるスタイルからは温もりと安心感がこみ上げる。


Y神:漁師町の誇り、アンカー(錨)が編み込まれていました。オーセンティックだけど、古臭さや野暮ったさを感じさせない理由は素材にあります。


まつい:スフレヤーン? 料理のスフレ?


Y神:いかにも。フワフワと柔らかく肌にチクチクしにくいスフレヤーンは、ニットをブラッシングして起毛させる加工技術です。去年の秋冬では「ユニクロ ユー」で採用されて、パンツが即完売していました。





⑪パテッドショートブルゾン ¥7,990



まつい:マリンかと思ったら空軍みたいなフライトジャケットもありますね。海と空が混在。


Y神:色もミリタリーらしいオリーブドラブで、左胸に「JWA」のワンポイントが施されている。


H條:コールサインみたいでアリなデザインですね、『トップガン マーベリック』を観たH條的には。映画のブルゾンは革ジャンでしたけど。


Y神:絶対に言うと思った。あと、インナーはまたしてもH條さんらインドア男子の大好物であるスウェットのセットアップだった。トレンドなのかな?





⑫トラックジャケット ¥3,990


⑬トラックパンツ ¥3,990



photo
photo
photo
prevnext


商品名も「ユニクロ ユー」と同じ「ユニクロ アンド JW アンダーソン」の「トラックジャケット」と「トラックパンツ」。マネキンに組まれたブルーよりも、よりスウェット感が強めのグレーをチョイスしたH條。霜降りの濃淡で切り替えしたデザインがジョナサンらしい。


まつい:海と空の次は陸というか、家?


H條:パンツの価格は同じ3,990円ですが、ジャケットは「JW アンダーソン」のほうが1,000円お安いという。大人の購入モチベーションを左右する細かい点まできっちりと紹介していきたい。


Y神:アツい、アツいよ、H條さん…。





⑭(右)ウルトラライトダウンパーカ ¥7,990




H條:うわ。そっちの「暑い」でしたか!


Y神:軽くもある。


Y神が試着した「ウルトラライトダウンパーカ」はミドル丈。身頃のダウンポケットには曲線が、袖には直線のステッチが施された遊び心のあるデザインだ。ソリッドカラーでパンツも合わせやすい。


Y神:そのデニム、見てもよい?


H條:どうぞ。





⑮シューカットジーンズ ¥4,990



photo
photo
prevnext


今春夏、「ユニクロ」初のフレアカットとして発売された「シューカットジーンズ」は、裾が切りっぱなしのカットオフデザイン。続く秋冬は本格的なチェーンステッチ仕上げにマイナーチェンジして登場だ。


H條:松田優作ファンの僕の心に響きました。ジーパン刑事みたいにジャストサイズで、トップスもタイトに合わせて張り込みしながらアンパンを食べたい。


Y神:そうですね。(いつものオーバーサイズで着用するには裾を詰めなきゃならないし、短く詰めたらフレアがだんだんとストレートになってしまう…)


まつい:わかります。そのお気持ち。


Y神:ま、まついさん!





⑯ヒートテックソックス (各)¥590



キャッチーな小物も充実。


本コラボでは定番商品の「ヒートテックソックス」はギフトにも喜ばれる。カットソーやアウターとカラーパレットやデザイン性がリンクしており、計算して加えるとトータルコーディネートの精度もアップ。


H條:秋冬の「JW アンダーソン」コラボが発売されるタイミングは、いつもホリデーシーズン。自分へのギフトだとしてもウキウキしてしまいますよね。


Y神:そうですね。





⑰トートバッグ ¥2,990



縦型の「トートバッグ」も見逃せない。「UOMO」やノートパソコンがすっぽり入るバイカラーデザインで、ビジネス対応のオールブラックもある。


Y神:なお、「ユニクロ アンド JW アンダーソン」2022年秋冬の発売日は未定。本稿に書かれた価格・入荷予定・在庫状況を含むすべての商品情報は2022年6月25日時点でのものです。価格、商品名等は変更となる可能性があります。最新情報は店頭や公式オンラインストアでご確認ください。


H條&まつい:はい!!



全国展開のレギュラーラインを紹介した前編と、ワンランク上の特別コレクション「ユニクロ ユー」と「ユニクロ アンド JW アンダーソン」を紹介した後編、編集部員の最速試着ルポは以上となる。


今後、2ラインの特別コレクションはモデルを起用した撮影もする予定。前後編をおさらいしつつ、価格や発売日など公式情報の解禁を待とう!




UNIQLO 2022年秋冬展示会:
Uniqlo U, UNIQLO and JW ANDERSON
発売日:未定
問い合わせ先:UNIQLO

Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh