01:リーバイス®のブラックデニム

浅場直哉さん(シアンPR ディレクター)
「リーバイスのブラックジーンズにプロダクト ラボのベストが、最近お気に入りの組み合わせ。プロダクト ラボは新進ブランドですが、機能とデザインの融合が巧みな実力派でイチオシです。足元は耐水加工が施されたブランドストーンのサイドゴアブーツ。オールウェザー対応で頼りになるんです。ハイテク感が強いスタイルよりも、パタゴニア、ケルティなど往年のブランドが持つクラシックな雰囲気が好きです」




02:ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカ

伊藤 誉さん(ムロフィス プレス)
「キャンプでは機能のあるアウトドアブランドをメインに、気を使わずに済む古着をコーディネートすることが多いです。リラックスできて、ケアが楽なアイテムがいいですよね。色も自然になじむ色を選ぶようにしています。アウターやトップスは難燃素材、足元はGORE-TEX仕様の防水シューズで安心かつ快適に。最近は普段も着られるような、ベージュ系のトーンがお気に入りです」




03:バブアーのビデイル

増井岳人さん(彫刻家)
「キャンプスタイルは、汚れやダメージを気にせずにいられること。悪天候に対応できることがポイントになります。バブアーのジャケットは好きで、モデル違いで何着か持っていますが、アウトドア用とタウンユースするものは分けています。バブアーのオリーブグリーンはやっぱり自然の中が似合う。ゴアテックスも優秀ですが、あえてアナログな防水機能で。昔から愛用しているものを中心に、流行っぽさを抑えた雰囲気が好きなのかもしれません」