ブルース・ウェーバーのフォトプリントを“着られる”なんて BRUCE WEBER×BIOTOP×10C

BRUCE WEBER×BIOTOP×10C

ブルース・ウェーバーのフォトプリントを“着られる”なんて

数多くの広告写真や作品を手がける写真家ブルース・ウェーバーと、さまざまなカルチャーをベースにアイテムを展開するアダム エ ロペの「10 CULTURE」レーベルとビオトープのトリプルコラボ。¥19,800/ブルース・ウェーバー×ビオトープ×10カルチャー(BIOTOP)

BRUCE WEBER×BIOTOP×10Cの
Tシャツはこちら

ネップ素材のマルチボーダーなのに大人っぽい理由 unfil

unfil

ネップ素材のマルチボーダーなのに大人っぽい理由

ともするとラフになりすぎるネップ素材のマルチボーダーだが、アンフィルの一枚は上質な超長綿に生シルクをブレンドし、シックな配色で編まれているからどこかエレガント。肌離れがよく湿度の高い日にも快適に着られる。¥16,500/アンフィル

unfilの
Tシャツはこちら

ただの黒Tじゃない、さりげないデザインがニクイ Cale

Cale

ただの黒Tじゃない、さりげないデザインがニクイ

一見オーソドックスな黒Tのようで、両サイドには角度によって見えるかどうかくらいのホワイトの微細なステッチが施されたカルらしい大人なムードの一枚。強撚糸をゴム編みで仕立てた生地はシャリシャリした涼しい肌触りでクセになる。¥15,400/カル

Caleの
Tシャツはこちら

武骨になりすぎないヘンリーネックを発見 PHLANNÈL SOL

PHLANNÈL SOL

武骨になりすぎないヘンリーネックを発見

美しい日常着に定評のあるフランネルソル。滑らかで光沢のある生地をオーバーサイズで仕あげたことで、アンダーウェアに見える心配は皆無。マッチョ感のない文化系男子でも着られるヘンリーネックだ。¥17,600/フランネルソル(ブルーム&ブランチ青山)

PHLANNÈL SOLの
Tシャツはこちら

スポーティなリンガーTは今季らしい配色で FORSOMEONE

FORSOMEONE

スポーティなリンガーTは今季らしい配色で

コスチュームプロデューサーの小川哲史氏によるブランドのリンガーTは、ヴィンテージのスポーツウェアのようなグリーンと生成りの配色と胸元のロゴが印象的。洗い込んだような風合いあるコットン素材がこなれた雰囲気。¥13,200/フォーサムワン(ミラベラオム)

FORSOMEONEの
Tシャツはこちら

ダークブルー×ブラックの大人なリンガーTもいい MARGARET HOWELL

MARGARET HOWELL

ダークブルー×ブラックの大人なリンガーTもいい

リンガーTをスポーティに着るのはもちろんいいが、マーガレット・ハウエルの一枚はクールで新鮮。ニュアンスのあるダークブルーボディにブラックのネックだがけっして暑苦しく見えず、太めのネックリブも上品。¥17,600/マーガレット・ハウエル

MARGARET HOWELLの
Tシャツはこちら

計算され尽くしたシンプルを極めたデザイン HYKE

HYKE

計算され尽くしたシンプルを極めたデザイン

普通なようで洗練されて見えるハイクらしい一枚。クリーンながら頑丈なコーデュラコットン生地に、今っぽいボックス型のビッグシルエット、後ろが長めのヘムラインと細かいデザインが行き届いているから無地でも十分な存在感。¥17,600/ハイク(ボウルズ)

HYKEの
Tシャツはこちら

細かなヒネリをきかせたTイチのための白T TANAKA

TANAKA

細かなヒネリをきかせたTイチのための白T

大胆にポケットの位置を下げた不思議な違和感が魅力。太いアームと身幅でリラックスした着心地だが、しっかり詰まったネックのおかげでクリーンな印象。白Tの着回しやすさはそのままに、ファッション性を向上させた一枚。¥18,480/タナカ(ミラベラオム)

TANAKAの
Tシャツはこちら

前編はこちら▶︎

掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Masaya Takagi 
Stylist:Masanori Takahashi 
Composition&Text:Takako Nagai