PHIGVELのショップコート

「3年ほど前に購入したフィグベルのショップコートは、靴職人が着るようないわゆるワークコート。着たまままパンツのポケットに直接アクセスできるスラッシュポケットや、工具入れを思わせる胸ポケットの細かく仕切られた仕様など、ディテールの作り込みがフィグベルらしい。秋口にシャツやカーディガン代わりに羽織っています。実はリネンってとてもタフな素材で、ヨーロッパのショップコートはリネンが多い。古着でもよく見かけますが、これも10年、20年着ていくといいアジが出ると思う。ちなみに揃いで発売されたエプロンも持っています。こちらもお気に入り」

小林 新さん

スタイリスト。夏のワードローブはほぼリネン。そのバリエーションは年々広がり、洋服だけでなく靴、パジャマ、ハンカチ、エプロン、さらにカーテンまでリネンという大のリネン好き。


Photo:Haruka Saito(Still)

SHARE