小澤匡行さん/エディター

小澤匡行さん(エディター)

本誌連載「教えて! 東京スニーカー氏」でお馴染み。氏のクラシックスニーカーの原点はアディダス・スタンスミスで、今も20足以上を所有する。近著に『1995年のエア マックス』(中央公論新書)。


真っ白なテニシューと
武骨な黒デニムのギャップを楽しむ

アディダス×UNITYのコンチネンタル80/ルメールのブラックデニム着用イメージ

#adidas×UNITYのコンチネンタル80

+

#LEMAIREのブラックデニム

アディダスのスタンスミス

アディダスのコートシューズはスタンスミスが有名ですが、今はコンチネンタルのネオクラシックな感じが気分。このかわいすぎる白はスラックスと合わせるとクリーンすぎますが、武骨で粗野なデニムだといいバランス。インディゴよりブラックのほうが、メリハリもついて清潔感が出ます。思えば、’90年代初期もリーボックのクラブ シーを黒いリーバイス606と無意識に合わせていました。やはりこのズレた感じがどこかしっくりくるのだと思います。(小澤さん)


アディダス×UNITYのコンチネンタル80/ルメールのブラックデニム

Reebokの“クラブ シー”

+

Levi’s® Stay Looseのブラックデニム

’80年代のコートシューズといえば、リーボックの“クラブ シー”は外せない。ヒールカウンターやロゴを黒にしたB&Y別注は、ひと際クリーンな印象。’90年代のシルエットを復刻した、リーバイスの“ステイルーズ”でユルく合わせてみよう。

スニーカー¥13,200/リーボック×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース 丸の内店) デニムパンツ¥9,350/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン) 



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Yuichi Sugita[POLYVALENT] 
Stylist:Takeshi Toyoshima
Illustration: Yoshifumi Takeda