藤原ヒロシ
音楽プロデューサーやクリエイターなどさまざまな肩書きをもち、東京ストリートを創始したゴッドファーザー。本誌の人気連載「BACK AND FORTH」もチェック。


高級素材を使いながら
自分の着たい服を作る

Q.待望のコラボレーション第2弾ですね。

前回の秋冬はロロ・ピアーナのお堅いイメージにどこまで踏み込んでいいかわからなくて、実験的にいろいろ好きなことをやっていました。それに比べて春夏はロロ・ピアーナの素材をちゃんと使って高級感をもたせつつ、自分が着られるものを、という意識で作っています。ただ、ロロではやらないようなシェイプにトライしてみました。今日はいている太いパンツとかは、ありそうでないシルエットかも。

Q.この半年の間で世界ではいろいろなことがおきています。ヒロシさんの中でデザインやインスピレーションに変化はありましたか?

あまり世の中には左右されないですね。結局は自分がその時着たいものをつくるだけなので。家に居るからこれ作ろうとか、戦争だからミリタリーアイテムをとか、そういうことを考えたことはないです。

Q.では、ご自身が欲しい、着たいと思う変化のきっかけはなんですか?

サイクルじゃないですか。僕はコレクションも見ないし、展示会にも行かないし。パンツが太くなったり細くなったりって、流行り廃りとは関係なく、直感で選んでいる感じかも。例えば太いのがいいと思って穿いてみたらコンバースが貧弱に見えるから、じゃあ靴はこれ、みたいな。ちょっと変えると全体的なサイズ感って変わりますよね。大きめのシャツを着たら、パンツも自然と太くなるし。

Q.誰かの着こなしを参考にしたり、影響を受けることってあるんでしょうか?

もちろん、それはUOMOを見てですよ。

Q.ありがとうございます(笑)。最後に、今回のコレクションで一番のお気に入りを教えてください。

今日着ているニットかな。ロロ・ピアーナのウィメンズのコレクションでいいなと思ったニットをベースに、メンズでも着られるサイズ感で作ってます。柄がパッチワークぽいというか、編みの組織がこうジグザグになっているんです。こういうバスクシャツはもともと好きなので、僕っぽいといえば僕っぽい気がします。


コート / ロロピアーナ

コート

ロロ・ピアーナの名作トラベラー・ジャケットに着想を得たネイビーブルーのコート。比翼仕立てのミニマムな顔つきながら、フードを内蔵した襟元のジップが大人の遊び心を感じさせる。コットンと特殊なフィルムを組み合わせた独自技術がつまったファブリックは高い防水性や防風性があり、機能面でも頼もしい。¥319,000/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


トラックジャケット&パンツ / ロロピアーナ

トラックジャケット&パンツ

見た目はスポーティなセットアップでありながら、素材には本来スーツで使用されるような最上質のウールを使うという大胆な発想に惹かれる。とろけるような生地感は格別だ。これ見よがしなラグジュアリーより、自分が心地よく感じられるリュクスな逸品を選びたい。トラックジャケット¥231,000・パンツ¥136,400/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


トラックジャケット&パンツ  / ロロピアーナ

ショートパンツ&リングベルト

ハリ・コシのあるツイルコットンを使ったバミューダショーツは、ノータックで穿いたときにすっきりとしたシルエットを描く。左脚に入ったタギングロゴに藤原氏らしいストリートマインドが息づく。マルチストライプをあしらったリングベルトを巻けば、気分はマリンリゾート。ショートパンツ¥53,900・ベルト¥20,900/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


ストライプシャツ / ロロピアーナ

ストライプシャツ

第3ボタンまでが表に見えていて、そこから下のボタンは比翼仕立てで隠されたプルオーバーシャツ風のデザインがなんともユニーク。スナップボタン仕様というのもリラックス感を後押し。品行方正なネイビー×ホワイトのヘアラインストライプと相まって、気どりのない上品さがにじむ。¥64,900/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


スキッパーニット / ロロピアーナ

スキッパーニット

両者がタッグを組む前から、藤原氏が愛用していた厚めでざっくりしたコットンニット。紙のようなシャリっとした質感にも惚れ込んでいたという。この素材を生かし、ボタンを排したスキッパーデザインのニットに仕立てた。たっぷりした身幅に対して、着丈はやや短めにして、着やすいバランスに落とし込んだ。¥121,000/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


ボーダーTシャツ / ロロピアーナ

ボーダーTシャツ

ピカソが着ていたバスクシャツにヒントを得たカットソーは、ボーダーをジグザグ模様にアレンジ。視覚的にも面白い。前身頃と後身頃がつながる脇のジグザグ柄をぴったり重ねる、目立たない箇所の作りも抜かりない。左袖に入ったスカイブルーのタグがアクセントに。爽快で刺激的な、夏の主役を張れる1枚だ。¥60,500/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


photo
photo
prevnext

アートTシャツ

アンデス山脈に生息し、世界最高級の繊維を生み出すビキューナ。絶滅危惧種に指定されているビキューナの保護活動にロロ・ピアーナが貢献していることを藤原氏が知り、Tシャツに思いをのせた。作品は気鋭の画家・今井麗氏によるもの。Tシャツのフロントとバックに2匹のビキューナが凛と佇む。¥53,900/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


トートバッグ / ロロピアーナ

トートバッグ

ロロ・ピアーナのアイコニックな“スーツケース・ストライプ”を、ネイビー&ブラックを基調とした縞柄にアレンジ。藤原氏らしいモダンな感性とブランドの伝統的なDNAが結実した、温故知新なバッグが誕生した。レコードがすっぽり入る大きさで、コットンキャンバス地にそれを示すロゴを入れる茶目っ気も。¥264,000/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


スライドサンダル / ロロピアーナ

スライドサンダル

ストラップにマルチストライプをあしらったスライドサンダルは、ちょっとの外出からコーディネートのハズシ役まで、これからの季節に活躍必至。足の形にフィットする革のフットベッドで履き心地良く、足入れもなめらか。白いステッチをストライプの白に重ねる細やかな作りもさすが。¥70,400/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン)


問い合わせ先
Loro Piana Japan
TEL:03-5579-5182

Loro Piana公式サイトはこちら


Photos:Yuhki Yamamoto(model) Mitsuo Kijima(still)
Stylist:Yoshiki Araki[The VOICE]
Interview&Text:Masato Nachi Masayuki Ozawa