SUBWAYのキャップ

「3年ほど前にニューヨークを訪れた際、店員さんが被っているのを見ていいなって。さすがに現行のユニフォームはアレかなと思い、ちょっと古そうなデザインのものをeBayで探しました。このサブウェイのキャップが僕の“企業ロゴモノ”好きのはじまり。それまではいわゆるスポーツモノやブランドのワンポイントといったオーソドックスなものを選んでいましたが、今では物足りなさを感じるように……中毒性があるんですよね(笑)。マクドナルドでもケンタッキーでもない、サブウェイってところが絶妙」

西野大士さん

国内外さまざまなブランドのPRを行う「にしのや」の代表であり、パンツ専門ブランド「NEAT」のデザイナーとしても活躍。大のキャップ好きで企業モノ以外にも多数所有。


Photos:Mao Nakazawa(Still) Yuichi Sugita(Portrait)

SHARE