01:柳川一心さん(会社員/チームウオモ)

コート:クードス
スウェット:ヴァレンティノ
パンツ:アレッジ
スニーカー:プラダ
マフラー:プラダ
バッグ:プラダ
眼鏡:金子眼鏡


柳川一心さんは、秋冬のメインアウターとしてクードスのロング丈のチェスターコートを購入。暖かい厚手のメルトン素材と黒に限りなく近い上品なネイビーカラーが購入の決め手だったという。長めの着丈だが、ほど良くタイトな身幅が大人っぽくシャープな印象を演出。高めの位置に設定されたウエストベルトがスタイルアップ効果を生み出すと同時に、エレガンスに拍車をかけている。




02:児玉孝志さん(36歳/ビューティ&ユース PR)

コート:ショット フォー スティーブンアラン
ジーンズ:スティーブンアラン
マフラー:ビューティ&ユース
グローブ:ビューティ&ユース
シューズ:クラークス オリジナルズ


児玉孝志さんが愛用しているネイビーアイテムは、スティーブンアランがショットに別注したピーコート。ショットが70年代から作り続けているモデルをベースにアレンジを加えてある。やや長めの着丈やオーバーサイズのシルエット、ヴィンテージをモチーフにした錨ボタン、大きな襟やチンストラップなど見所満載な一着だ。




03:猪浦舜さん(29歳/会社員)

パンツ:オーラリー
コート:ユニクロ+J
ニット:オーラリー
バッグ:エムエムシックス メゾンマルジェラ
メガネ:ゾフ
シューズ:コンバース


オーラリーのゆったりとしたホワイトパンツに、コンバースのオールスターのありそうでなかった組み合わせ。今年、人気再燃中で久々に着たいダッフルコートを見事にブラッシュアップさせている。+Jのダッフルコートはネイビーだから、ホワイトとの相性も抜群。MM6のトートバッグもホワイトにして、コートスタイルを爽やかでクリーンな印象に仕上げた。ちなみに、猪浦さんは文化系な装いとは裏腹に、趣味のランニングを週5でこなすスポーツマン。そのギャップも魅力だ。




04:松本大地さん(39歳/プロデュース業)

ジャケット:ザ シード
シャツ:レショップ
シャツ:ザ シード

「落ち着いたネイビーとブラウンの組み合わせが今の気分です」。レショップのビッグシャツに同じく身幅のあるザ シードのショートアウターを同系色でレイヤード。パンツもザ シード。






Text:Tetsu Takasuka