KEIMENのナイロンキャップ

農作業用のディテールが自転車通勤でも大活躍!

田中 望さん(38歳 Revolution PR)
「このコロナ禍で、自転車通勤を始めたこともあり、機能的なキャップが欲しかったんです」。田中さんがネットで見つけたのは、モデルの岡田章吾さんが始めた農業がテーマのブランド、カイメンのナイロンキャップ。現状は実店舗での取り扱いが少なく、田中さんはECで購入(¥10,450で販売中)。「撥水性に加えてつばが長いので、小雨なら自転車でも安心。また、面ファスナーでつけられる日よけは、雨よけとしても使えて便利。ハゼ釣りをする際にも役立っています」。

https://keimen.official.ec


ORGANIC Climbingのチョークバッグ

すべて一点物。鮮やかなカラーはファッション専用

西野大士さん(38歳 にしのや ディレクター、NEAT デザイナー)
米大手アウトドアセレクトショップ、レイのECで西野さんが見つけたのは、クライミング用のチョークバッグ。「まずあまり荷物を持ち歩かないし、見た目的にも普通の生成りのトートバッグではつまらない。加えて原色好きでもあるので、これにはピンときました。リサイクル生地を使っているため、二つと同じ色味やパターンがないのも面白いし、22ドルという安さもいいですよね。セットアップやニット&シャツの装いのハズシとしても大活躍です!」。
(縦27㎝×横26㎝×マチ18㎝ ※編集部調べ)

https://www.rei.com


A.D.A.Nのコーデュラ3Bジャケット

地方セレクトショップが作る、街向けのテックジャケット

福本真士さん(36歳 会社員)
福岡県の人気セレクトショップ・パークが手がけるアダンのジャケットは、機能性とデザインのバランスが絶妙。「東京では取り扱いがないため実物を見られず。思い切ってポチりましたが、とても気に入っています」。表地は撥水性のあるコーデュラなのに、フォーマルなウール地に見えて上品。「普段はフーディと合わせて着崩していますが、リモート会議時にも着用できる。腕まわりが動かしやすく、自転車に乗る際にも重宝しています」。

https://adan-shop.jp/en



Photos:Yumi Yamasaki
※写真はすべて本人私物