PatagoniaのシンチラスナップTとフリースパンツ

今は日常着だけど、’90年代当時は一張羅のようだった

猪塚慶太さん(46歳 スタイリスト)
 初めてパタゴニアのスナップTを買ったのは、大学生だった1994年頃。まだ目白と鎌倉にしか店舗がなく、そこまで行くことが楽しみで仕方がありませんでした。パタゴニアのフリースは今でこそ日常着ですが、20歳だった当時は一張羅のようで、僕は黒のスナップTをレザーパンツ、ナイキACGのスニーカー、ニューエラのキャップとよく合わせていました。黒をセットアップで着るようになったのは、10年くらい前から。今では冬の撮影や事務作業、友人との食事でもよくこの格好をしています。

 ほかにもいろいろなブランドのフリースを着てきましたが、やっぱりこの“シンチラ”の包まれるような柔らかさにかなうものはないですね。あと意外にパイピングがお腹や袖まわりをきちんと締めてくれるのもうれしい。この10年で既に3回買い替えていますが、これからも生活の中でずっと着続けていくと思います。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Arata Suzuki[go relax E more]