気候にあわせて3段階で温度調節できる

寒暖の差が激しい時期はアウター選びに頭を悩ませることがある。保温力抜群のアウターを着て外出すると意外に暖かくて汗をかいてしまったり、逆に軽装で出かけて体が冷えてしまったり、さじ加減が難しい時もある。しかし、「JOURNAL STANDARD relume」がリリースしたタンクのウェアがあれば、そんな問題は解決してしまうはずだ。



タンクは気候変動が激しい時代を生き抜く人々に向けた機能性を搭載したリアルクローズとして開発された。ラインナップされた5型のすべてにヒートシステムを採用しており、別売りのバッテリ―とコードを接続することで3段階の温度調整が可能になっている。薄くて強度に優れ、熱伝導性に優れた高機能素材、グラフェンを使用したヒーターは、柔軟で着心地を邪魔しないうえ、効率よく体を温めてくれる。約45〜50℃の低温モードなら約10秒で温まり、約8時間発熱し続けるため、長時間外にいる時も安心だ。また、SOLOTEX®と エアロカプセル ®γECOを組み合わせたハイブリッドな中綿を採用しており、普通に着た時でも軽くて暖かく、ふっくらした着心地を味わえる。


これからのアウターのスタンダードになるであろうこの逸品。いち早く手に入れておきたい。



photo
photo
photo
prevnext

¥24,200


photo
photo
photo
prevnext

¥21,800


photo
photo
photo
prevnext

¥18,700


photo
photo
prevnext

¥11,000




ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿
TEL:03-5909-4675

Text:Tetsu Takasuka