BLUE WORK

宮本哲明さん / MIYAMOTO SPICE 代表
肌馴染みのいい茶色、気に入った! ダーツ入りで腰まわりはすっきりとフィット。ウエストをアジャストできるボタンがついていて便利。深めの色は肌馴染みもよくて気に入った!

片貝 俊さん / スタイリスト
王道のベージュじゃないレンガっぽい珍しい色味にどこか惹かれる。これは欲しい。

パンツ¥17,600/ブルー ワーク(トゥモローランド) ジャケット¥46,200/バブアー フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) グローブ¥3,740/カーハート WIP(カーハート WIP ストア トーキョー) シューズ/スタイリスト私物


YAECA

忽那洋平さん / 会社員
イヤらしい白じゃない。合わせやすい白

福本真士さん / 会社員
唯一、気になるのはポケットが透けてしまうところくらい。そのほかは完璧!

楊井一博 / UOMO編集部
白はキザに見えがちで敬遠していたけど、これくらいワイドで古着っぽい生成り色だとかわいげがある。ラフに着られる白パンにはなかなか出会えない。

パンツ¥25,300/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア) プルオーバー¥46,200/エイトン(エイトン青山) シャツ¥27,500/ブラームス(ワンダリズム) 帽子¥15,400/キジマタカユキ(ビショップ) シューズ¥77,000/パラブーツ(パラブーツ青山店)


EDWIN for MARGARET HOWELL

渡辺賢史さん / 会社員
フィッシュマンズの映画みたいなチノ

藤村雅史さん / アートディレクター
とにかくきれいに落ちる。

渡辺賢史さん / 会社員
太すぎず細すぎず、いい意味で普通なのでトップスを選ばず着られる。サイズアップしたものもはいたけど、もたつかずパターンのよさを感じた。個人的には、もうひとひねりデザインがあるとより刺さったかな。

パンツ¥29,700/エドウイン フォー マーガレット・ハウエル・グローブ¥15,400/マーガレット・ハウエル(ともにマーガレット・ハウエル) ニット¥33,000/クレプスキュール(オーバーリバー) シューズ¥25,300/ダナー(エービーシーマート)


nanamica

阿座上陽平さん / 会社役員
ビッグサイズのわりにもたつきません

高橋宏樹さん / 会社員
古着のUSチノっぽい佇まい。普段なら選ばない深めのブラウンも秋らしくてアリかも。フロントジップだから着替えがラクでありがたい。

野口聖純さん / 会社員
膝から下のたるみがこなれて見えていい。大人がゆるくはけるワイドチノ。

パンツ¥24,200/ナナミカ(ナナミカ 東京) コート¥198,000/キャプテン サンシャイン ベスト¥42,900/ラッファ モリーナ ペル トゥモローランド(トゥモローランド) タートルニット¥29,700/グラフペーパー その他/スタイリスト私物


LE

秦 拓也さん / BEAMS プレス
今っぽくないのが逆に最高にかっこいい

渡邉秀嗣さん / バリスタ
クリーンな明るめのベージュチノは持っているけど、こういう土くさい色もいい。ズドンと落ちるシルエットにマッチしている。個人的にはルーズにはきたいので、もう少し丈が長いといいかな。

鶴田悠介 / UOMO編集部
ラフにはいて育てたいです。

パンツ¥24,200/エルイー(レショップ 渋谷店) ニット¥75,900・シャツ¥31,900/カル スニーカー¥14,300/ニューバランス(ニューバランス ジャパンお客様相談室) メガネ/本人私物


STUDIO NICHOLSON

田中 望さん / Revolution PR
ワイドで九分丈、案外合わせやすいですね。

児玉孝志さん / BEAUTY&YOUTH PR
シューズが半分隠れる絶妙なレングスとこの太さ。なかなか出会えない一本です!

中島和弥さん / RUNO 美容師
シルエット、肌あたりのよさ、明るめのサンドベージュ、すべてがいい! 今季、太いパンツをはきたい気分ではなかったけど、思わず手に取ってしまいました。

パンツ¥47,300/スタジオ ニコルソン(キーロ) ジャケット¥95,700/マーガレット・ハウエル パーカ¥26,400/オーラリー × ビューティ&ユース(ビューティ&ユース 渋谷公園通り店) ポロシャツ¥15,400/ラコステ(ラコステお客様センター) シューズ/スタイリスト私物



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:So Hasegawa 
Hair&Make-up:Mikio Aizawa 
Stylist:So Matsukawa 
Models:KOU Masayuki Kawabata Haruki Sawanobori 
Text:Sayako Ono