第1位

NICENESS

ナイスネスのメルトンジャケット

汎用性が高くしっかりトレンドもカバー。まさかのジャケットがトップに!

大方の予想を裏切って(?)参加者から最多の支持を集めたのがこちらのロングジャケット。’70sのアーティストたちが着崩していたようなジャケットをイメージソースに制作。極細糸スーパー120sを使用し、高密度に織り上げたダブルメルトン生地は、滑らかさと厚みある生地が新感覚な着心地。着丈長めのバランスも新鮮だ。

ジャケット¥149,600/ナイスネス(イーライト) シャツ ¥31,900/ブラームス(ワンダリズム) パンツ¥39,600/タンジェント(トゥモローランド) メガネ¥51,700/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) ベルト/スタイリスト私物

中室大輔/muroffice ディレクター
誰にでも似合って今っぽくきまる。ハッキリ言って非の打ちどころがない!

城戸武志 / 会社員
深く入ったサイドスリットのおかげでコンサバに見えない!

川辺圭一郎 / TOMORROWLAND PR
マジメに見えるけど抜け感もある。ロングアウターは飽きてきたのでこの中途半端な丈感はアリ!

松本雄司 / モデル
上質なネイビーがドンピシャ。あらためて気分がクラシックに寄っていると再確認。

忽那洋平 / 会社員
ジャケットとコートのいいとこどり。もう少し肩が落ちていたら完璧!

麻生圭介 / 会社員
身長の低い人でもOKな絶妙なロング丈!

松岡歩 / 会社員
高密度のメルトンは程よい厚さ。これなら冬の電車通勤にもよいし東京の寒さなら乗り切れそう。

楊井一博 / UOMO編集部
ぱっと見はなんてことないシンプルな“ジャコット”という印象。ラックに掛かっているときはそこまで魅力を感じなかったが、着てみたら身体に馴染む柔らかなメルトンと大人もOKなオーバーサイズに感動。試着の面白さを実感できた。

豊島猛 / スタイリスト
カジュアルとドレスの中間という感じですごくいいあんばい。重厚感があるのに軽い! 横から見たときの表情もかわいいです。

綾瞳 / 会社員
アウターの一歩手前という感じでオフィスの中でも外でも着られそう。最近、冬でも暖かいからヘビーアウターを買うべきか迷うけど、この薄さでこの暖かさなら即買いですね。めちゃくちゃ欲しくなりました!


Photos:Tatsunari Kawazu[S-14] 
Hair&Make-up:TAKAI 
Stylist:So Matsukawa[TRON] 
Models:Nils Matt