コラボの噂は本当だった!


アウトドアシーンを想定した「JIL SANDER+(ジル サンダー+)」が、カナダ・バンクーバー発祥の人気アウトドアブランドである「ARC’TERYX(アークテリクス)」と真冬の本気コラボ。


アルペンスポーツでも活用できる極寒対応のコラボアパレルが、11月20日(土)に発売される。



“文化系アウトドア男子”マストバイの本コラボ「JIL SANDER × ARC’TERYX カプセルコレクション」は、スキー・スノーボード・マウンテンスポーツに焦点を当てた本気度MAXのアウトドアウェアだ。



国内での販売は「JIL SANDER 表参道ブティック」と「ARC’TERYX 神戸ブランドストア」の実店舗のほか、オンラインでは「jilsander.com」のみ。


価格帯も高め。国内入荷数もごく僅かの限定生産なので、早めの購入計画を立てておこう。



JACKET(MENS) ¥238,700



肝心の商品だが、メンズではジップアップパーカー型のミドル丈ジャケットの1型。


ユニセックスではいわゆるスノボウェアのインナーにあたるビブ付きパンツのほか、ロング丈のジップアップパーカージャケットとオーバーオールを揃える。



OVERALL(UNISEX) ¥316,800



オーバーオールをスタイリングで取り入れられたら、ファッション上級者で間違いないだろう。


公式ヴィジュアルもアルペンでの着用シーンをイメージしたものになっている。ルーシー&ルーク・メイヤー夫妻らしい、ガチなコラボを受け容れよう。



PARKA(UNISEX) ¥281,600



1番人気が予想されるユニセックスのジップアップパーカージャケットがこちら。メンズではミドル丈だが、ユニセックスバージョンは膝下丈になる。カラーはともにダークグレーとブラックでのラインナップだ。


本家の「JIL SANDER(ジル サンダー)」を彷彿とさせる美麗Aラインシルエットと「アークテリクス」の機能性が、見事にハイブリッドな融合を果たした。



BIB(UNISEX) ¥193,600



ビブパンツはユニセックスでブラックとホワイトも展開。「ジル サンダー」の厚手ニットとのコーディネートで、アフターゲレンデを楽しんでみては。



ときに命の危険にさらされる極寒の雪山では、「ジル サンダー+」と「ア―クテリクス」のコラボに身を任せてみたい。年末ラストの争奪戦を勝ち抜こう!




JIL SANDER × ARC’TERYX カプセルコレクション
発売日(日本):2021年11月20日(土)
販売店舗:JIL SANDER表参道、ARC’TERYX神戸、jilsander.com

Text: Takafumi Hojoh