今秋冬はアメカジが再燃しているが、フレンチシックも負けてはいない。大人のフレンチテイストを端的に表現できるトラウザーズが、パンツ専業ブランドの「BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)」だ。


その多彩なバリエーションの中から、大人男子の注目の6本を厳選してピックアップ。個性豊かな2021年秋冬ラインナップの中から、自分にぴったりの「ベルナール ザンス」を吟味しよう。




①H8:最も太いワイドストレート



パンツ(H8)¥49,500/ベルナール ザンス(アイネックス) カーディガン¥110,000・ニット¥93,500/ヘリル(にしのや) スニーカー¥59,400/フット ザ コーチャー(トゥモローランド)



フレンチトラウザーズならではの特徴的ディテールが、「H8」に施された内向きの「インプリーツ」だ。股上深めでウエストから一直線に落ちるワイドストレートは、「ベルナール ザンス」の全ラインナップの中で最も太いシルエット。ボリューム感をインプリーツがさらに強調しているが、野暮ったく見えない独特のバランスこそ、パンツ専業ブランドが開拓した境地と言える。




②GASTON:アーカイブから復刻したLポケット



パンツ(GASTON)¥46,200/ベルナール ザンス(アイネックス) ブルゾン¥99,000/トゥモローランド(トゥモローランド) ニット¥18,700/ギャルリー・ヴィー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) シューズ¥71,500/パラブーツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)



半世紀にわたる「ベルナール ザンス」の歴史の中で、1980年代のアーカイブに着想したトラウザーズが「ガストン」だ。シルエットは太すぎず細すぎず、全ラインナップで中間的存在のストレート。クラシックなウールスラックスの佇まいだが、L字で施されたフロントポケットがジーンズのようなカジュアルな印象をプラスしている。トップスを選ばない汎用性の高さが魅力だ。




③GASTON:ブラックデニムより上品なヘビロテ仕様



パンツ(GASTON)¥44,000円/ベルナール ザンス(シップス 銀座店) ジャケット¥75,900/ラファーボラ(ラファーボラ) シャツ¥13,860(ユナイテッドアローズ) シューズ¥71,500/パラブーツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)



ウール以外にコットンツイルを採用したブラックカラーも「ガストン」ではラインナップ。Lポケットのジーンズライクなディテールとともに、コットン素材の使い勝手の良さでヘビロテ必至。ツイル素材のハリ感と相まったストレートシルエットはジャケットや革靴を絡めたドレッシーな装いでも重宝する。アイロンプレスでセンタークリースを入れるなど、自分好みにアレンジしよう。




④JEFF:腰周りを主張するボリュームシルエット



パンツ(JEFF)¥39,600/ベルナール ザンス フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) コート¥77,000/ヴァレット(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ニット¥55,000/ギャルリー・ヴィー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)  シューズ¥25,300/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)



「ユナイテッドアローズ」別注モデルの「ジェフ」はワイドなリラックステーパード。股上は「ガストン」同様の標準設定だが、別注ならではの味付けによって、谷折りになったプリーツデザインがパンツ幅を強調する。これはクチュールメゾンがドレスに用いるデザイン手法で、動きに合わせてプリーツの表情も変わる。混紡ストレッチ素材で着心地も快適だ。




⑤WALLIS:“ゆったり”かつ“すっきり”なテーパード



パンツ(WALLIS)¥42,900/ベルナール ザンス(トゥモローランド) ブルゾン¥77,000/ギャルリー・ヴィー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) ニットパーカ¥121,000/ヘリル(にしのや) シューズ¥46,200/パドモア & バーンズ × トゥモローランド(トゥモローランド)



全ラインナップで最も深い股上としっかりめのインプリーツが特色の「ウォリス」も、旬のリラックステーパード。太さで同格の「H8」との違いは、急降下のテーパードシルエットにある。ウールに載せられたグリーンがかったニュアンスカラーは、まるでフランスの古着店で発掘したかのような素朴な色調。スタイリッシュな装いに抜け感をプラスしてくれる。




⑥VERNEUIL:フレンチトラッドなツイード素材



パンツ(VERNEUIL)¥46,200/ベルナール ザンス(ビームス 六本木ヒルズ) パーカ¥42,900/キャバン(キャバン 代官山店) シューズ¥46,200/パドモア & バーンズ × トゥモローランド(トゥモローランド)



セルジュ・ゲンズブールの私邸があったパリ7区・ヴェルヌイユ通り5番地を想起させる「ビームス」別注モデルの「ヴェルヌイユ」は、懐かしみのある風合いのブラウンツイードにトラッド感が薫る一本。シルエットは「ガストン」とほぼ同じ。日本人になじみのあるレギュラーストレートはスポーティなアイテムとも好相性だ。フレンチシックとのミックス感を楽しみたい。



ちなみに、1967年にフランス北部の街であるランスで創業して以来、ファッション愛好者はもちろんのこと作り手側の職人筋からも評価されている「ベルナール ザンス」は1980年代に日本上陸。今や日本の主要セレクトショップや百貨店のほとんどで取り扱われ、別注リクエストの依頼もひっきりなしだ。


フランスを代表するトラウザーズとして人気を博し、再び黄金期を迎えた「ベルナール ザンス」は大人男子のマストバイ。今秋冬は覚悟を決めよう。




<問い合わせ>
アイネックス TEL:03-5728-1190
BERNARD ZINS