BAD MUSIC FOR BAD PEOPLE LS T-SHIRT
Color:WHITE, BLACK
Size:S, M, L, XL, XXL
Fabric:COTTON 100% Price:¥8,800



まるでリビングデッドのようなホラーでパンクなイラストは、“文化系男子”ならばピンと来るはず。


これは、サイコビリーバンドのパイオニア的存在である「The Cramps(ザ・クランプス)」から1984年にリリースされた2枚目のコンピレーションアルバム『Bad Music For Bad People』のジャケ写だ。



The Cramps – Bad Music For Bad People (1984)



このジャケ写アートワークを採用したTシャツとロングスリーブTシャツが、音楽系プロジェクト「WAVE(ウェイヴ)」の企画で登場。「渋谷パルコ」1階の実店舗と公式オンラインストア、「THE CONTEMPORARY FIX京都店」のWAVEコーナーで販売中だ。



BAD MUSIC FOR BAD PEOPLE T-SHIRT
Color:WHITE, BLACK
Size:S, M, L, XL
Fabric:COTTON 100% Price:¥7,150



脳裏に焼き付くジャケ写のアートワークは、米国人アーティストのスティーヴン・ブリッケンスタッフ作。今の六本木ヒルズ地区に1983年11月に開業した「六本木WAVE」(1999年12月25日に閉店)でも、1984年リリースの本アルバムは置かれていた。


ちなみに、1970年代後半に米国で結成された「ザ・クランプス」は、2009年2月4日にヴォーカルのラックス・インテリアが死去。バンドも解散している。



衝動的で荒々しいパンク・ロック・ホラーを背景に1980年代に生まれた音楽ジャンル“サイコビリー(Psychobilly)”とのファッションモッシュは、2019年11月にリブートした「WAVE」の現在形。これほどまでに、裏街道が似合うTシャツもなかなかない。


80年代の濃密なる音楽シーンに想いを馳せつつ、ホラーチックにパンクロックに着倒してみたい。




<問い合わせ>
WAVE

Text: Takafumi Hojoh