CLASSのシルクシアサッカーシャツ
BANANATIMEのショーツ
MAISON EUREKAのトートバッグ

「シルク100%のシアサッカーシャツは着心地満点。クラスならではの大胆な色使いと着丈長めのAラインシルエットにやられました。ショーツもシルク100%で真夏でも涼しいのがポイント。昨今“大人だから落ち着いた色柄で”という提案が多いですが、僕は“大人だからこそ派手な色柄が着こなせる”と思う。ぜひこういうアイテムにトライしてほしいですね。バッグはマルチハンドルでいろんな形になる機能性に脱帽。大容量も魅力です」。シャツ¥67,000/クラス(ウィリー) ショーツ¥34,000/バナナタイム(オー!ショールーム) トートバッグ¥48,000/メゾンエウレカ (オン トーキョーショールーム)

尾崎雄飛さん

サンカッケー デザイナー。「一見派手に見えて実はどれも大人っぽい」


Flying Cloud Hatsのアーミッシュハット
PERIOD FEATURESのジャンダニシャツ
JOHN SMEDLEYのカシミヤニット

「暑い夏には、贅沢だけどカジュアルに着られるインドの伝統的織物ジャンダニのシャツが着たくなります。灼熱の太陽から身を守る帽子はブリムが広いアーミッシュハット。また、室内にいることが多く、機能性と肌触りにこだわりたいので、ジョンスメのカシミヤ混ニットもなくてはならない一枚。どれも歴史あるものばかりだけれど、まったく古さを感じさせません。あえて思いきり現代的なものと合わせてみたいですね」。シャツ¥38,000/ピリオドフィーチャーズ・ハット¥8,800/フライング クラウド ハッツ(ともにレショップ) ニット¥34,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)

金子恵治さん

レショップ コンセプター。「夏に身につけたくなるオーセンティックなアイテム」


KAIKOのバケットハット
Graphpaperのセットアップ
Aetaのウエストバッグ

「シャツジャケットのセットアップはタックインでツナギっぽく着るイメージです。ツナギって今までも気になるアイテムではあったのですが、“いかにもワークウェア”じゃなく、おしゃれすぎもしない、しっくりくるものがなくて…。ならば、こういう着方ならアリかなと。レザーのハットはゲートボール好きのおじいちゃんっぽくかぶりたい(笑)。白と黒との2色買いです。すごくソフトなレザーのウエストバッグは普段使いはもちろん、車の運転に便利かなと。ジップの開閉がすごくスムーズなんですよね」。シャツ¥20,000・パンツ¥25,000/グラフペーパー ハット¥14,000/カイコー(O 代官山 2号店) ウエストバッグ¥53,000/アエタ(alpha PR)

澤田健太さん

フォトグラファー。「セットアップっていうよりツナギっぽく着るイメージ」


alpha PR TEL:03-5413-3546
ウィリー TEL:03-5458-7200
オー!ショールーム TEL:03-5774-1408
O 代官山 2号店 TEL:03-6455-3361
オン トーキョーショールーム TEL:03-6427-1640
グラフペーパー TEL:03-6418-9402
リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238
レショップ TEL:03-5413-4714

Photos:Kazumasa Takeuchi[STUH]
Stylist:Yoshiki Araki[The VOICE]
Text:Jun Namekata[The VOICE]