あえて隙だらけ。夏の初めに、
真っ白な開襟シャツを開放的な気分で

浮かれた夏の空気感を全身で抱きしめたい。それにはいちいちボタンを留めてなんていられない! せっかく開襟シャツを着るならば、とことん開放的なムードがいい。柄ものだと羽目を外しすぎだけど、無地の白なら清潔感があって大人でも安心。レインメーカーの一枚は、極力ステッチが出ないよう計算されたデザインに、旬のゆったりしたシルエット、シルキーな肌触り…とまさに隙なし。インは白Tだと少々爽やかすぎるので、霜降りグレーくらいで抑えめに。シャツ¥34,800/レインメーカー Tシャツ¥7,500/オーラリー パンツ¥45,000/エイチ ビューティ&ユース ネックレス¥13,000/スティーブ モノ(スティーブン アラン トーキョー)

デニムに合わせるなら、こんな
深いグリーンもいいんじゃないか

キュプラ×ポリエステルならではの独特の光沢とドレープが魅力の一枚。深みのあるグリーンだから、端正なデニムにもすっと馴染むし、旬のゆとりあるボックスシルエットはタックインにももってこい。裾を微妙にブラウジングさせて。シャツ¥24,000/グラフペーパー Tシャツ¥15,400/ジュリアン デイヴィッド(ジュリアン デイヴィッド 神宮前 ショップ) パンツ¥30,000/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) シャツのポケットに入れたサングラス¥48,000/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) 時計¥158,000/カルティエ(江口時計店)

優しいカーディガンのインに重ねて
しっとり見せるのも悪くない

基本的には一枚で着用するのが粋な着こなしだけど、今シーズンなら、旬のカーディガンとの重ね着も推奨したいスタイルだ。間隔の詰まった三連ボタンで胸元を控えめに演出した、サヴィーの開襟シャツは、シルク×コットンのタイプライタークロス特有のしっかりした張り感が魅力的。だからこそ、ソフトで優しい対照的な風合いのカーディガンとの組み合わせが絶妙に生きてくる。同系色の重ね着でモダンにまとめて。シャツ¥24,000/サヴィー(スリー) カーディガン¥34,000/オーラリー Tシャツ¥18,000/コモリ(alpha PR) パンツ¥30,000/キャプテン サンシャイン(クリップ クロップ)

黒のニットと重ねることで、
またいつもと表情が変わって見える

空気を含んだコシのある風合いに程よい光沢。コモリの墨黒の開襟シャツは、着込むことでより味わい深く変化する風合いを実感できる。つまり、何度だって袖を通したくなる。時にはこんなふうにインに黒のサマーニットを重ねてみるのもいいだろう。きっといつもよりくだけた表情を楽しめるはず。シャツ¥22,000/コモリ(alpha PR) ニット¥19,000/フィグベル(PROD) パンツ¥54,000/セヤ(スーパー エー マーケット) ベルト¥10,000/トリーレザー(スティーブン アラン トーキョー) スニーカー¥25,500/エイティーズ(エドストローム オフィス)


アイヴァン 7285 トウキョウ TEL:03-3409-7285
alpha PR TEL:03-5413-3546
エイチ ビューティ&ユース TEL:03-6438-5230
江口時計店 TEL:0422-27-2900
エドストローム オフィス TEL:03-6427-5901
オーラリー TEL:03-6427-7141
グラフペーパー TEL:03-6418-9402
クリップ クロップ TEL:03-5793-8588
ジュリアン デイヴィッド 神宮前 ショップ TEL:03-5875-3144
スティーブン アラン トーキョー TEL:03-5428-4747
スーパー エー マーケット TEL:03-3423-8428
スリー TEL:03-6434-0920
PROD TEL:03-6427-8345
リーバイ・ストラウス ジャパン TEL:0120-099501
レインメーカー TEL:075-708-2280

Photos:Kenta Sawada
Hair&Make-up:Yusuke Morioka
Stylist:Ryota Yamada
Model:Kohei Ikeue

「40歳のための紺ブレを考える」「ワイドナショーツで下半身にゆとりを」「半袖の日のための時計、持ってる?」…etc.
発売中のUOMO6月号は、40歳男子が夏までに「欲しい・やりたい・新しく始めたい」モノやコトを集めた「宿題号」をお届けします。おしゃれで楽しい、最高の夏を迎えたい人は必見の内容です!
6月号の試し読みはこちら>>