正統、じゃないほうを合わせると
堅さが消えるんだ。

神保町のメインで見つけた渋い一着は1961年NYで創業した老舗ブランドのもの。ボックスシルエットの正統派だ。それに合わせるのは、ラコステの新スタンダードである台襟付きの“パリ ポロ”と、リーバイス®のジーンズ…ではなく復刻されたスタプレのデニムパンツ。正統なブレザーにはヒネリのあるアイテムを合わせると、ただのトラッド懐古にならないやわらかさが出ると気がついた。ブレザー¥39,800/キングスウッド(メイン) ポロシャツ¥14,000/ラコステ(ラコステお客様センター) Tシャツ(2枚パック)¥1,900/フルーツ オブ ザ ルーム(FTLジャパン) パンツ¥7,000/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン) メガネ¥53,000/ルノア(コンティニュエ) ベルト¥22,000/アンダーソンズ×ニート(にしのや) ブーツ¥200,000/ジョン ロブ(ジョン ロブ ジャパン)


新たなクラシックには
モードなシャツがよく似合うんだな。

ブレザーが着たくなったのは、今年日本に初上陸したこの一着に出会ったから。デザイナーのジャック・カールソンはもともとは考古学者。米国の大学のボート部にいるブレザー姿の学生の写真を掲載した『ROWING BLAZERS』という本を出版し、好きが高じてついにはブレザーのブランドを立ち上げてしまった。ラペル裏には彼の好きな言葉がラテン語で刺繡されていたり、とにかく愛情を感じる。新しいのに確実に未来のクラシックになるだろう一着は、モードでシャープな“今の”白シャツと合わせるとバランスがよく、しっくりきた。ブレザー¥92,500/ローイング ブレザーズ(ビームス プラス 原宿) シャツ¥46,000/ジル・サンダー(オンワードグローバルファッション) パンツ¥23,000/イートウツ(BIOTOP) ベルト¥10,000/サドラーズ(ビームス 銀座) リング¥24,000/LHN ジュエリー(ユーソニアン グッズ ストア)


紺ブレは部屋着のごとく
気を遣わずに着るといい。

ジーンズの味出しは今はあまりやらないけれど、ブレザーこそシワやキズが多少ついていたほうがかっこいい。ブルックス ブラザーズの中で最もゆとりのある“マディソン”フィットを、それこそ部屋で寝転んでいるときにだって着るべきだ。パーカやパジャマ風パンツなどリラックススタイルに馴染んできたら、そのまま出かけて。最高におしゃれだ。ブレザー¥69,000/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン) ニットパーカ¥45,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) タンクトップ¥3,200/ミラー(サンタモニカ 表参道店) パンツ¥30,000/ニート(にしのや) サングラス¥21,000/レイバン(ミラリ ジャパン) ヴィンテージの時計¥218,000/江口時計店 ソックス¥3,200/パンセレラ(真下商事) シューズ¥25,000/ティンバーランド(VF ジャパン)


結局は相反する“不良っぽさ”が
永遠の憧れだったりする。

マサチューセッツ州にあるスーツファクトリー、サウスウィックの紺ブレはウエストが少し絞られた、まさに“優等生”な一着。男の性なのか、優等生にはなぜだか反発したくなるけれど、いい大人なので、そこはあくまで上品に。アロハシャツはイタリアのドレスブランドで、パンツはストリートの王者が作る美麗シルエットのチノパン。この年相応でクールな“不良っぽさ”こそ、40歳男子にとっての紺ブレだ。ブレザー¥80,000/サウスウィック(シップス 銀座店) 半袖シャツ¥34,000/サルバトーレ ピッコロ(トゥモローランド) Tシャツ¥5,000/チャンピオン×シップス(シップス 渋谷店) パンツ¥20,000・キャップ¥9,000/シュプリーム ウォレットチェーン¥8,000/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース 渋谷公園通り店) スニーカー¥6,500/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン)


ヴァンズ ジャパン TEL:03-3476-5624
江口時計店 TEL:0422-27-2900
FTLジャパン TEL:03-6303-4710
オンワードグローバルファッション TEL:0120-919-256
コンティニュエ TEL:03-3792-8978
サンタモニカ 表参道店 TEL:03-3498-3260
シップス 銀座店 TEL:03-3564-5547
シップス 渋谷店 TEL:03-3496-0481
シュプリーム TEL:03-5456-0085
ジョン ロブ ジャパン TEL:03-6267-6010
ティンバーランド/VFジャパン TEL:0120-953-844
トゥモローランド TEL:0120-983-522
にしのや TEL:03-6452-6934
BIOTOP(ジュンカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
ビームス 銀座 TEL:03-3567-2224
ビームス プラス 原宿 TEL:03-3746-5851
ビューティ&ユース 渋谷公園通り店 TEL:03-5428-1893
ブルックス ブラザーズ ジャパン TEL:0120-185-718
真下商事 TEL:03-3473-7001
ミラリ ジャパン TEL:03-3514-2950
メイン TEL:03-3264-3738
ユーソニアン グッズ ストア TEL:03-5410-1776
ラコステお客様センター TEL:0120-37-0202
リーバイ・ストラウス ジャパン TEL:0120-099501
リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238

Photos:Mitsuo Okamoto
Hair:Kenichi Yaguchi
Stylist:Toshihiro Oku
Model:Jordan.H

「開襟シャツは無地から解禁する」「ワイドナショーツで下半身にゆとりを」「半袖の日のための時計、持ってる?」…etc.
発売中のUOMO6月号は、40歳男子が夏までに「欲しい・やりたい・新しく始めたい」モノやコトを集めた「宿題号」をお届けします。おしゃれで楽しい、最高の夏を迎えたい人は必見の内容です!
6月号の試し読みはこちら>>