素材はドイツ軍のテント地!


ギミックに富んだプロダクトに定評のある国内デザインレーベル「KaILI(カイリ)」のバッグ2型に、大人男子に支持される「BLOOM&BRANCH(ブルーム&ブランチ)」がミリタリーテイストでデザイン別注を仕掛けた。


バックパックと2WAYショルダートートの2型が、7月10日から「ブルーム&ブランチ」実店舗で発売。7月13日からオンラインストアで発売される。デザインは見ての通り、ドイツ軍のユーズドテント地のパッチワークだ。



ACTION BACK ROLL Exclusive
カラー:Asote ※個体差あり。一点一点異なる。
サイズ:W350×D150×H450~550mm
¥49,500



本作での別注依頼は、おおもとの素材からスタート。


軍モノ生地を使用したリアルヴィンテージ感とカジュアル過ぎない大人の魅力、その両方を綱渡りする佇まいは本コラボの狙い通り。ファッション性まで加味できたその理由は、高いユーザビリティを誇る「カイリ」の最新プロダクトがの仕様が、コラボの土台にあるからなのだ。



2つの別注バッグが揃い踏み。


向かって右が、容量調節可能なロールトップ型が特徴のデイパック「ACTION BACK ROLL(アクション バックロール)」。左が、上部を折り畳むとトートからワンストラップのショルダーへと変化した状態の「TRANSFORM BAG L(トランスフォーム バッグ L)」。パッチワークはオリーブドラブの同系色2色のコンビになる。



TRANSFORM BAG L Exclusive
カラー:Asote ※個体差あり。一点一点異なる。
サイズ:W430×D120×H360~560mm
¥33,000



こちらがトート状態の「トランスフォーム バッグ L」。


コンセプトに“矛盾あるデザイン”を謳う「カイリ」らしいアプローチで、バッグには裏返した生地を使用しているとのこと。本来の粗野な生地感が裏返しによってさらに強調され、一風変わった経年変化も楽しめそうだ。



さらに、本来のテント生地にあった補修跡や細かな傷もランダムに伺え、製造年代やロットによって素材の色や質感も一点一点微妙に異なるという。


やはり、このバックパックと2WAYトートを楽しめるステイタスは、ファッション上級者向けなのだろう。どれもが唯一無比の個性を放つ「ブルーム&ブランチ」別注バッグは、店頭で色味をじっくり吟味して選びたい。



洋服とのコーディネートとしては、ミリタリーや古着には馴染み過ぎるほど。あえて、清潔感のあるトラッドスタイルやスーツに合わせて意外性を狙っても面白い。


唯一無二のガチャな見た目と遊び心を兼ね備えたパッチワークバッグ。“文化系ミリタリー男子”にお勧めだ。




<問い合わせ>
BLOOM&BRANCH

Text: Takafumi Hojoh