着回したのは、こちらのジャケット!
STUDIO NICHOLSON

「ノスタルジックと古臭さは違う。
飛び道具の着地点は上品であるべき」(池田尚輝さん)


DAY1
正統派な組み合わせにこそ
主役にクセが欲しくなる

「スタジオ ニコルソンのリネンジャケットは一見正統派なグレンチェックのダブルブレステッドですが、実はボタンホールがついておらず、前を開けて着るしかない。ポケットもサイドにスラッシュでついていたり、適度にふざけた感じがすごく好きですね。これ自体に主張があるので、ほかはいたってオーソドックスにするのがポイント。抜き差しのバランスが大切です」。ジャケット¥89,000/スタジオ ニコルソン(キーロ) シャツ¥24,000/オーラリー ユーズドのジーンズ¥8,800/リーバイス®(トールフリー) ベルト¥12,000/セブンバイセブン(7×7) ブーツ¥150,000/ルケーシー(レショップ)


DAY2
セットアップで着るなら
ダッドスニーカーが適任

「ワイドパンツとのセットアップは、そのボリュームに負けないようにインナーはリネンニットなど適度な厚みが欲しい。シャツとジャケットの“つなぎ”の役目があればだらしなくは見えません」。ジャケットは1と同じ。パンツ¥59,000/スタジオ ニコルソン(LANTIKI CENTRAAAAAL) ニット¥26,000・シャツ¥26,000/マーガレット・ハウエル(アングローバル) ベルト¥10,000/サドラーズ(ビームス ハウス 丸の内) シューズ¥16,800/カルフ(スティーブン アラン トーキョー) ソックス/スタイリスト私物


DAY3
ヒップホップテイストを
スマートに表現

「ビッグなポロシャツとスウェットパンツというラッパーが好んでしていたスタイルに、同じく大きなジャケットをガバッとはおるのが新鮮です。トップスとボトムどちらも黒で統一するのが上品さを保つコツ」。ジャケットは1と同じ。ポロシャツ¥19,000/ラコステ(ラコステお客様センター) Tシャツ(3枚パック)¥5,800/ソフィー(スティーブン アラン トーキョー) パンツ¥20,000/セブンバイセブン(7×7) ハット¥5,000/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース 渋谷公園通り店) ユーズドのスニーカー¥6,400/シーン ソックス/スタイリスト私物


アングローバル TEL:03-5467-7864
オーラリー TEL:03-6427-7141
キーロ TEL:03-3710-9696
シーン TEL:03-6416-1257
スティーブン アラン トーキョー TEL:03-5428-4747
7×7 TEL:03-6427-8435
トールフリー TEL:03-3715-9278
ビームス ハウス 丸の内 TEL:03-5220-8686
ビューティ&ユース 渋谷公園通り店 TEL:03-5428-1893
ラコステお客様センター TEL:0120-37-0202
LANTIKI CENTRAAAAAL TEL:03-5766-8415
レショップ TEL:03-5413-4714

Photos:Masanori Akao[white STOUT]
Stylist:Naoki Ikeda