暗くなりがちなブルーグレーは
デザインの強いフレームで

ブルーグレーのレンズは暗い印象になりがちだが薄い色味であれば、オクタゴンフレームと相まって上品な印象に。カモ柄のアノラックパーカはレンズの色に寄せることで、程よくカジュアルダウンさせられる。

サングラス¥63,800/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) アノラック¥45,100/N.ハリウッド TPES(ミスターハリウッド)


しっかりと濃いイエローで
肩の力の抜けたナードな雰囲気に

イエローレンズには抵抗感があるかもしれないが、ここまで濃いイエローだとむしろナードな雰囲気に振り切れる。しかも曇天や暗がりでの視認性は抜群、と性能もいい。Tシャツのプリントはレンズの色に寄せて遊び心を。

サングラス¥42,900/モスコット(モスコット トウキョウ) ジャケット¥52,800/ヘリル(にしのや) Tシャツ¥19,800/ナイスネス(イーライト)


やわらかい印象のリムレスなら
ポップな色も嫌みじゃない

フチのないリムレスデザインはフレームの印象がなくキマりすぎないから、サングラスをカッコつけと思う人にこそオススメ。ライトブルーのレンズに合わせてアノラックパーカも同色で揃えればぐっとカジュアルな雰囲気に。

サングラス¥55,000/アヤメ アノラック¥64,900/イズネス(alpha PR) シャツ ¥25,300/アワー レガシー(エドストローム オフィス)


フレームと服の色を合わせて
温かみを前面に出す

グレーレンズ×ウェリントン型のクリアフレームの組み合わせもオススメしたい。ブラウンがかったフレームは、ただのクリアフレームよりも肌馴染みがよく断然やわらかい印象に仕上がる。同系色のジャケットを選ぶことで、コーディネートに一層まとまりが生まれる。

サングラス¥34,100/ブラン ジャケット¥47,300・シャツ¥26,400/アルテリア(イーライト)


クラウンパント×べっ甲柄に
グレーレンズで大人っぽく

レスカのクラウンパントは肉厚なフレームが特徴的。おまけにべっ甲柄で主張の強い一本。とはいえレンズはグレーで程よく落ち着きがあるから、ジョン スメドレーのハイゲージニットを合わせて上品な雰囲気に振ってみる。

サングラス¥60,500/レスカルネティエ(ボズュー 自由が丘店) ニット¥28,600/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)


ブラウンベースだから
珍しいデザインでも馴染む

珍しいフレームデザインには落ち着いたブラウンレンズを。

サングラス¥34,100/アーチ オプティカル(コンティニュエ) ジャケット¥63,800/キャバン(キャバン 代官山店) シャツ¥16,500/スティル バイ ハンド(スタイルデパートメント) 帽子¥8,800/ワイス(メイデンズショップ) バンダナ¥3,080/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ 代官山)


アビエイターのレトロ感に
グリーンレンズが相性抜群

グリーンレンズのアビエイター型サングラスは、薄いデニムシャツでナードな雰囲気満点に仕上げる。

サングラス¥36,300/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) シャツ¥19,800/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) Tシャツ¥29,700/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)


濃度15%のサングラスが万能!

ほぼクリアに近い濃度15%のブラウンレンズは紫外線をしっかりとカットしつつ、視界があまり暗くならないので一日中かけられる。ウェリントン型は知的な印象なので、合わせるシャツの色で遊びをきかせたい。

サングラス¥39,600/メガネロック(ブリンク外苑前) シャツ¥25,300/(エイチ ビューティ&ユース) ニット¥17,600/シックストックス(ノーデザイン)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Tetsuo Kashiwada 
Hair&Make-up:Katsuyoshi Kojima 
Stylist:So Matsukawa 
Models:Harry Herve Christopher Zach James