定番Tシャツ文化系はこう着こなす

白T王道な組み合わせをクリーンに攻略

白Tとジーンズは好相性。文化系がひるみそうなこの合わせも、モックネックのTシャツにセンタークリースのジーンズならクリーンに。

Tシャツ¥16,500/スタジオ ニコルソン(キーロ) デニムパンツ¥36,300/マーティー&サンズ(フィギュア インク ショールーム) メガネ¥77,000/10 アイヴァン(アイヴァン PR) スニーカー¥23,980/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド) 時計/スタイリスト私物


黒T軽さを意識したオールブラックで

黒Tはやわらかなオールブラックでまとめるのがいい。見た目に暑苦しくなりがちだから、黒Tは強撚糸などのドライタッチなものを。パンツはリネン、サンダルはキャンバスというように素材で軽さを出すのがカギ。

Tシャツ¥20,900/カル パンツ¥30,000/セラー ドア(アントリム) サンダル¥46,700/ビルケンシュトック×トゥーグッド(ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス) 時計/スタイリスト私物


カーキT全力でやさしいムードに振り切る

選び方次第ではミリタリー色が強くなってしまうカーキのTシャツ。文化系は肉厚なコットンではなく微光沢でさらっとした生地を選ぶこと。もともと男くさいイメージがあるので、ナチュラルな生成りのパンツでやさしくまとめるのがポイントだ。

Tシャツ¥9,900/ウィーウィル パンツ¥28,600/ギャルリー・ヴィー(スーパー エー マーケット) シューズ¥25,300/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら



Photos:Arata Suzuki[go relax E more] 
Hair&Make-up:Yosuke Akizuki 
Stylist:Takeshi Toyoshima 
Models:Josef P Zach