STANDARD PRODUCTS IN BLUE

POLO RALPH LAUREN / BD SHIRT

ポロ ラルフ ローレンのオックスフォードシャツをTシャツにさらっとはおりたい季節。ただ白シャツ、チノパン、アメリカの革靴という王道のアメトラスタイルをそのまま実行するだけでは物足りない。シャツはロイヤルブルー、ルメールのジャンプスーツをパンツ使いして足元は英国チャーチのシャノンで締める。少しの違和感がモダンなバランスを生む。

シャツ¥19,800/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン) Tシャツ¥2,200/ロサンゼルス アパレル(ダメージドーン セカンド) ジャンプスーツ¥122,000/ルメール(スクワット/ルメール) シューズ¥130,900(予価)/チャーチ(チャーチ クライアントサービス) ヴィンテージの時計¥217,800/江口時計店 キャップ¥7,150/スポーティー・アンド・リッチ × ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) 


DICKIES / 874

カーキなら持っているワークパンツをロイヤルブルーに替えるだけで武骨さがなくなり洗練されるし、鮮やかな色は大人にこそ似合う。茶色×ネイビーのボーダーニットで若さと渋さが同居した着こなしに。

パンツ¥7,700/ディッキーズ(ダメージドーン セカンド) 半袖ニット¥29,700/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) キャップ¥7,150/スポーティー・アンド・リッチ × ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) ヴィンテージの時計¥217,800/江口時計店 スニーカー¥14,300/ナイキ スポーツウェア(アトモス カスタマー) バッグ¥29,150/ポーター(ポーター 表参道)


BARACUTA / G9

すべてのブルゾンの原型とまで言われる’50年代のオリジナルを再現したG9のオーセンティックフィットモデルにはシャツ地の一枚仕立てがある。定番のタンカラーではなくブルー。リブ編みの袖口と裾、立ち襟、背面のアンブレラヨークなどクラシックな仕様はそのままでも、ブルーならショーツなど軽快なアイテムと無理なく馴染む。

ブルゾン¥52,800/バラクータ(バラクータ カスタマーサービス) シャツ¥27,500/グラフペーパー ショーツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース スニーカー¥25,300/ミズノ(ミズノお客様相談センター) キャップ¥7,150/スポーティー・アンド・リッチ × ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) バッグ¥29,150/ポーター(ポーター 表参道) その他/私物


ADIDAS ORIGINALS / FIREBIRD

40歳男子にとっての青春の一本であろうアディダスのスリーストライプストラックパンツといえば黒。当時はちょっととがった気持ちで着ていたけど、スモーキーなブルーを選べばベージュのコットンジャケットとのやわらかく優しいコーディネートが完成する。裾リブがなく太めの「FIREBIRD」一択で。

ジャージーパンツ¥9,889/アディダス オリジナルス(アディダスお客様窓口) ジャケット¥53,900/リバーバレイト(レショップ 青山店) Tシャツ¥13,200/エイチ ビューティ&ユース シューズ¥20,900/エメ レオン ドレ フォー ティンバーランド(ティンバーランド/VFジャパン) キャップ¥7,150/スポーティー・アンド・リッチ × ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース)


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら



Photos:Naoya Matsumoto 
Stylist:Junichi Nishimata 
Models:Taku Obata Rosy