日本を代表するセレクトショップBEAMS。数あるレーベルの中でも、日本をテーマにモノ・ヒト・コトをキュレーションし発信しているBEAMS JAPANの魅力を紹介していくこのコーナー。朝の情報番組『スッキリ』のリポーターとしてお馴染みの阿部祐二さんが、新たに阿部“ジャパン”祐二と名乗り、BEAMS JAPANの魅力をアツく探っていきます。



 日本が誇る素晴らしいアイデアや技術に触れると、「いいね!」の代わりに思わず「ジャパン!」と叫ぶ阿部リポーター。取材が終わり、最終的にいくつの「ジャパン!」を獲得したかもお楽しみです。最終回となる第10回目は、ついにBEAMS JAPANの生みの親であるBEAMS代表取締役社長の設楽洋さんとの対談が実現!


 1976年に、アメリカンライフショップとして誕生してから、世界中のいいモノやコトを日本に紹介してきたBEAMS。当然、海外のいいモノやコトに対しては、目利きも多く、経験も豊富だけれども、灯台元暗しという言葉があるように、それに比べると、自分たちのお膝元である日本のいいモノやコトについては、あまり知らないのではないかということにふと気が付いたという。



 そこで、2016年に創業40周年を迎えたのを機に、これまで培った経験を活かしながら、新たに日本のいいモノやコトを世界に向けて発信していくこともやっていこうと考え、BEAMS JAPANがスタートした。



 以来、“匠からオタクまで”をコンセプトに、日本の伝統工芸からポップカルチャーまでをBEAMSならではの視点で編集する試みは、セレクトショップの新時代を築くインパクトを与え、新宿の店舗には国内外からたくさんのお客さんが訪れている。



 この4月には2周年を迎えるが、海外への展開も含め、設楽社長の頭の中にはまだまだやりたいことがあるという。世界に日本文化を発信していくBEAMS JAPANの取り組みにこれからも注目だぜ、ジャパン!!!!!!!



出演/阿部祐二
ヘアメイク/高村みこ
構成・文/澤田真幸
撮影・編集/江木俊彦[リモコン]