STUDIO NICHOLSON

シーズンをまたげるベストって
理想的なんですよ

安武俊宏さん(36歳/BEAMS プレスチーフ)
「ただビッグシルエットなだけじゃなくて、身幅が広くとられているのに対してネックが詰まっていたり、着丈も短めなので上品に着こなせます。重ね着の自由度も高く、インにビッグサイズのストライプシャツを合わせてもいいし、裾からのぞくシャツのバランスも絶妙。見た目以上に涼しいので、3シーズン着こなせそうです」。¥39,600/スタジオ ニコルソン(キーロ)


Namacheko

ベストとスニーカーの色を合わせました

松岡 歩さん(27歳/会社員)
「ナマチェコのベストは、上品さとかわいげのある繊細なレース編みが気になっていました。タイトフィットなので、かしこまった印象になりすぎないように気をつけて、襟を切ってリメイクしたシャツを合わせ、ベストの色を拾ったエアジョーダンをプラス。異なるテイストを取り入れつつ、色でまとまりを出してみました」。¥55,000(参考価格)/ナマチェコ


unfil

オーバーサイズならベスト初心者でも
合わせやすい!

眞野聖平さん(29歳/理学療法士)
「ミドルゲージのアンフィルのベストは発色のいいグリーンと涼し気なリネン素材がこれからの季節にぴったり。身幅が広く肩がしっかりと落ちたオーバーサイズだから、ベスト初心者の僕でも挑戦しやすいなと思いました。シャツと合わせるのもいいけど、春先はフレンチシックが気分。オーシバルのボーダーカットソーを合わせて軽やかな雰囲気に」。¥25,300/アンフィル


Graphpaper

オールブラックなら子どもっぽく
見えないんです

渡辺賢史さん(37歳/会社員)
「グラフペーパーのベストは上質でやわらかな着心地と、’90年代のストリートファッションを彷彿とさせる落ち感のあるシルエットが決め手。とはいえ少しやんちゃに見えてしまいもするので、イッセイミヤケのバンドカラーシャツとニートのパンツを合わせてオールブラックで大人っぽく。シックなストリートスタイルにまとめてみました」。¥26,400/グラフペーパー



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Takahiro Idenoshita
Composition&Text:Sayako Ono