UNIQLOフーデッドジャケット

コストパフォーマンス最高。ユニクロ恐るべし!

安武俊宏さん (BEAMS プレスチーフ)
フォルムがとてもかわいい。白の色味もきれいで、5000円以下で買えてしまうのは驚き! ディテールはややチープだが、気にならないぐらいのお値段以上の名品。

野口聖純さん (TEAM UOMO)
ほんのりクリームがかった白で品のよさが漂う。生地が柔らかいためエリが立ちにくく、やや耐久性が心配。フードがもう少し大きくてもいいかもしれない。

藤村雅史さん (アートディレクター)
ハイブランドかと思った。タグも同色なのでユニクロだということがわからない。

¥3,990/ユニクロ


URUモッズコート

大人になってもモッズコートを楽しみたい

松本雄司さん (モデル)
とにかく薄くて軽い! シャカシャカした生地だけど上品。ジップだけではなくて、スナップボタンがついているのが便利。後ろの裾のドローコードが少し長すぎる。

小林順平さん (BEAMS イベントプランナー)
深みのあるネイビーとシルエットがエレガント! 落ち着いたデザインのモッズコート。

宮本哲明さん (MIYAMOTO SPICE 代表)
着丈はそこまで長くなくて、シャープなシルエットになっている。もう少しだけ身幅があるといいかもしれない。袖にダーツが入っているため、腕を動かしやすい。

¥66,000/ウル(エンケル)


KAPTAIN SUNSHINE
フィッシュテールパーカ

池田 誠 (UOMO副編集長)
オリーブドラブは春には少し重いけど、このサンドベージュは軽やかでいい。やや短めの丈とワイドな身幅が絶妙で、結果アウトドアとミリタリーの中間みたいなバランスになっている。袖が少々膨らみすぎな気もする。

西野大士さん (NEAT デザイナー にしのや ディレクター)
ボリューミーなフードにやられた! フィッシュテールパーカなのに、ウエストを絞るとショートトレンチコートっぽくなる。

フードがめちゃくちゃ
デカいです!


¥104,500/キャプテンサンシャイン


Goldwinマウンテンパーカ

尾崎雄飛さん (SUN/kakke デザイナー)
袖のパターンや着丈まで、細かく計算されたデザイン。特にフードの立ち上がり方がとてもきれいでびっくりした。横から見たときのフォルムは完璧だと思う。ワンタッチでフードをコードで調整できるのもさすがです。

斉藤紘士さん (会社員)
ソリッドな見た目は街で着るのにぴったり。短めの丈もレイヤードするには最適。もう少しだけアームと身幅がゆるいとよかった。

大好きなブラックで
まとめたい


¥52,800/ゴールドウイン(ゴールドウイン 丸の内)


MACKINTOSHリネンフーデッドコート

ここまで軽いマッキントッシュが
あったなんて!

忽那洋平さん (TEAM UOMO)
マッキントッシュといえばゴム引きのイメージだったが、このコートはリネンなので軽やか。見た目よりも暖かい。着ていると少しチクチクするのが気になった。

眞野聖平さん (理学療法士)
細身かつ薄手にもかかわらず、体型が出ることはない! シルエットがきれい。

小田稔郎さん (アートディレクター)
想像以上に生地が柔らかくふわっとしている。ボタンを留めずにさらっとはおって、インナーを見せてもよさそう。丈がもう少しだけ長いとさらに着やすいと思う。

¥129,800/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)


UNUSEDコーチジャケット

コーチジャケットとは思えないほど
クリーンで上品

山本雄生さん (フォトグラファー)
レギュラーカラーではなくて、低めのスタンドカラーなのがかわいい。スナップボタンもくるみボタンになっていたり、いい意味でコーチジャケットっぽさがない。

忽那洋平さん (TEAM UOMO)
ストリートな雰囲気が控えめで品のよさが魅力。襟にフードを収納できるようになっているが、たぶん出すことはないと思う。ニットパンツなどと合わせてみたい。

今泉 悠さん (ayame デザイナー)
黒やネイビーじゃなくて、オフホワイトというのがポイント! 爽やかで春にぴったり。

¥48,400/アンユーズド(alpha PR)


Iストームコート

春のレインコートはこれで決まりです

柿本陽平さん (ブルーム&ブランチ ディレクター)
テック系のコートはあまり着ないが、雨の日にあると便利そう。ゆったりシルエットで、短めの膝丈というのがいい。光沢を抑えたグレイッシュなブルーも好み。

小池義浩さん (システムエンジニア)
軽くて薄いので、とても動きやすい! アームもかなり余裕があり、ボリュームが出る。

鶴田悠介 (UOMO編集部)
フードを収納するとスタンドカラーになるのがいい。薄手の生地を使っているので襟が立ち上がるか心配だったがまったく問題なし。前立てがちょっと太すぎる気も。

¥63,800/アイ(1LDK AOYAMA HOTEL)


ami alexandre mattiussi
フーデッドコート

洒井雅博さん (農家)
ミリタリーテイストが上品に仕上げられている。張りのある生地が特徴。フロントジップもついているが、下止めの位置が低くてちょっと使いにくい。

綾 瞳さん (会社員)
赤みがかったベージュで大人っぽい。フードをしまったときの首元のボリュームが最高!

フードをしまったら
雰囲気が変わる!


¥157,300/アミ アレクサンドル マテュッシ(アミ オモテサンドウ)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Takahiro Idenoshita Kanta Matsubayashi(Person) Mitsuo Kijima(Still)
Stylist:Shota Iigaki