DIGAWEL

ハーフジップニット

ハーフジップ、懐かしいけど
一周回った今だから着たい

児玉孝志さん (BEAUTY&YOUTH PR)
ポリエステル100%の素材がざっくりとしたいい味なので、ジップは半開きくらいでラフに着たい。アームがもう少し太いとインナーもいろいろ合わせやすそう。

渡辺賢史さん (会社員)
見た目は重そうだけど着てみると軽い。ジップを全閉めすると首が苦しいのが難点。

古明地拓朗さん (レショップ マネージャー)
Aラインのシルエットが抜群で、ポリだけど安っぽく見えないところもポイント高い。一見、普通に見えるけど、裾にリブのないところやジップのセレクトも最強。

¥35,200/ディガウェル(DIGAWEL1)


NICENESS

ボーダーニット

ストリートっぽい気分で着られて、
ちゃんと品もある

津島大地さん (通信販売)
シルエットは全体的にダボついているのに、強めの袖リブが受け止めてくれるところが完璧ですね。古着感を漂わせられて、この手の薄さのニットはなかなかない。

池田尚輝さん (スタイリスト)
よく見ると遊びがきいている立体的な生地。デザインや、古着っぽさもいい演出。

行方 淳さん (エディター)
デザインされてなさそうで、しっかりとデザインされている。アメリカのスーパーで売っていそうなダサさ加減がちょうどいい。ネックが詰まっているとより好み。

¥49,500/ナイスネス(イーライト)


AURALEE

カシミヤリブニット

編みに表情があるから、
シンプルだけどひと味違って見える

森山真司さん (District UNITED ARROWS セールスマスター)
編みに表情があって、なによりフロントがきれい。だからなのか着ると身体にあっさりはまる。ジャケットをはおったときに腕まわりがもたつかないかだけ心配。

田中 望さん (Revolution PR)
ラックで見ているとサイズが小さく見えましたが、試着してみると意外とすんなりとはまった。素材から身幅の広さ、生地のもたつきのすべてが計算し尽くされている。

豊島優樹さん (バリスタ)
自然と身体に寄り添うような優しい風合いと、たまったリブのシルエットが完璧。

¥55,000/オーラリー


doublet

ハンドニット

クマに目がいきがちだけど…
クオリティはいい!

斉藤紘士さん (会社員)
ふざけているけど美しいシルエット。手編みのニットは着心地も最高で、まったく申し分ない。強いて言えばクマはかわいいけど、価格ももうちょっとかわいければ…。

宮本哲明さん (MIYAMOTO SPICE 代表)
キャッチーなデザインを本気で!これはタイプ。買っちゃうかもしれないです。

小田稔郎さん (アートディレクター)
試着すると素材の気持ちよさや、ハンドニットならでは風合いの素晴らしさを感じた。裏返しになったクマも、一見何かわからないところが逆に愛おしい。

¥68,200/ダブレット(エンケル)



これを披露する
日は来るか!?


BATONER

カシミヤクルーネックニット

西坂和浩 (UOMO編集部)
程よくルーズなシルエットはもちろん、着心地もとてもよく、コスパにやられた。スウェットと見間違えられるような着こなしをしたい。

藤村雅史さん (アートディレクター)
トレーナー感覚で着られるカシミヤニットは、オーソドックスで日常使いしやすい。

¥59,400/バトナー


H BEAUTY&YOUTH

モヘアクルーネックニット

堀内武蔵さん (美容メーカー)
タオル地でサマーニットっぽいけど、涼しすぎない肌触りがかなりいいですね。着続けてもこの風合いをキープできそうな安心感もある。このピンクは肌色と相性がよく、これなら着こなせるかも。

佐藤リッキーさん (デザイナー・YouTuber)
春夏に着るためのよいピンク!

こんな発色が
欲しかった!


¥24,200/エイチ ビューティ&ユース


LOEFF

ニット

小林順平さん (BEAMS イベントプランナー)
一枚で着るなら、これくらい編みにデザインがあるほうがアクセントになる。

鈴木大輔さん (TEAM UOMO)
編みの凹凸がいい具合に身体に張りつかない。ちょっとした模様があるほうが、サマーニットとしては動きがあって涼しげな雰囲気に。

編みの遊びが
さりげない


¥42,900/ロエフ(ロエフ 六本木店)


Binghamton Knitting

ニット

忽那洋平さん (TEAM UOMO)
素肌に着ても、チクチクしない!

中野健吾 (UOMO編集部)
コットンポリのシャリッとした触り心地がリネンのようで気持ちいい。落ち感のあるシルエットが夏に着ていてもリラックスできそうで好みです。肩が凝らないかだけが気になる。

ラフに着ても、
渋みが出そう


¥15,950/ビンガムトン・ニッティング(グーニー PR)


HERILL

カシミヤニット

綾 瞳さん (会社員)
カシミヤ100%でこの価格は最強! 素材を生かし、できるだけ素肌に近く着たい。

宮本哲明さん (MIYAMOTO SPICE 代表)
白と言いがたい、クリーム色が絶品。リブのテンションもちょうどいいですね。透けるのが気になるので、インナー選びに少し迷いそう。

¥63,800/ヘリル(にしのや)


UNITED ARROWS

ハイゲージクルーネックニット

池田 誠 (UOMO副編集長)
袖丈、身幅、肩の位置など、程よいオーバーサイズはさすが。洗濯も楽で、スウェット感覚で着られるカジュアルさが今はベスト。

柳 健二さん (IT会社経営)
上品な蛍光カラーは思った以上にハマる。一着あると差し色としても重宝しそう。

この派手色なら
案外イケる!


¥17,600/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi(Person) Mitsuo Kijima(Still) 
Stylist:Shota Iigaki