ビッグサイズで最高の着心地。
鮮やかなマルチカラーで
浮かれてみたい

陽光きらめくハッピーな夏をそのまま体現したかのようなマルチカラーの開襟シャツを主役に。水彩でにじんだようなモノグラム・モチーフが印象的だ。「夏といえば開襟シャツですよね。年を重ねるにつれモノトーンな着こなしが増えてきましたけど、たまにはこれくらい派手なシャツも気持ちいい」。素材はリップストップ地。「すごく張りがあってしっかりした作りだなと着てすぐに感じました」。

シャツ¥113,300・パンツ¥113,300/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


ジャケットの柔らかな
肌触りにびっくり。
バッグとスニーカーのハズシもきいてる

「このジャケット、着心地も含めてとてもいいですね! ルックではセットアップで着用していましたけど、単体で着ても絵になる」と絶賛のジャケットは、モノグラム・モチーフがジャカード織りで表現されたモダンな一着。「シャツの襟のカッティングもユニークですよね。普段だったらラフにカットソーを合わせがちなんですが、こんなかわいげのあるシャツもいいなと思います」。

ジャケット¥311,300・シャツ¥129,800・パンツ¥113,300・スニーカー¥107,800・バッグ¥229,900/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


ヒッコリーのセットアップが新鮮。
フレアシルエットのパンツも久しぶり!

ヒッコリー生地に、部分的にモノグラム・モチーフがあしらわれたシャツジャケットとフレアパンツのセットアップ。シルバーボタンは表面を入念にたたいて表情をつけるなど、ディテールも手が込んでいる。「なかなかデニムをセットアップで着ることがないので新鮮。ヒッコリーとモノグラムのモチーフが同色だから、馴染んで見えますね」。

シャツジャケット¥279,400・Tシャツ¥77,000・パンツ¥279,400・スニーカー¥139,700/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


柔らかいのに張りがあって、
フードの立ちもいい。
普段着に欲しいな

「普段からこういうネイビーのパーカをよく着るんですよ」と玉木さん。フードのひもには、アクセントとしてビーズでサメをかたどった夏らしいアクセサリーが! 「かわいいですよね。見た目ももちろん素敵なんですけど、着心地が柔らかくてすごく快適。Tシャツの上に一枚でさらっと着るのにもってこいだと思う。大きめのカンガルーポケットもいい感じ。日常使いにちょうどいいです」。

パーカ¥162,800・パンツ¥113,300/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


水彩でにじんだような
パターンが面白い。
スポーティで気持ちいいです

表紙でも着用したジップブルゾン。夏の青空を連想させる爽快な色使いに、斜めに入ったフロントジップが効いている。「普段バイクに乗るので、こういうスポーティな服は好きでよく着ます。色の印象も夏っぽくて軽やか。アクティブに活動したくなる。ディテールも気がきいてますね」。ショートパンツは上から2枚目の写真のジャケットと同素材。こちらもジャカード織りでモノグラム・モチーフを表現したデザイン。

ブルゾン¥344,300・ショートパンツ¥162,800・バッグ¥272,800/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


ルイ・ヴィトンは昔から
バッグが大好き。
このスタイルで出かけるなら…
軽井沢かな?

「スタジャン風ブルゾンは主張抑えめな作りが好み。シルエットも上品です。最近はワイドパンツばかりで、こんなフィット感のあるデニムは久しぶり」。スタイリングのアクセントになっているのは、タフなヒッコリー生地のワンショルダーバッグ。手持ちでも使える。

ブルゾン¥508,200・シャツ¥113,300・Tシャツ¥77,000・パンツ¥96,800・スニーカー¥139,700・バッグ¥343,200/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


「非常に軽やかで爽やかなコレクションで、どの服もすごくワクワクしました。学生のとき、バイト代をためて初めてルイ・ヴィトンの財布を買ったんですが、その頃からルイ・ヴィトンは僕にとって特別な存在。メンズ アーティスティック・ディレクターがヴァージル・アブローに変わって、一層カジュアルに着やすい洋服が増えたのかな。より身近に感じるようになりました。今回のコレクションでは、表紙でも着用したナイロンブルゾンが特に気に入っています。春から夏にかけてバイクや自転車に乗るときにさらっとはおって出かけたい。存在感がありつつやわらかさもあるので、普段のコーディネートにも取り入れやすそう。ヒッコリーデニムのセットアップもすごくよかった。これを着て海へ遊びに行くなんて最高じゃないですか? そしてウェアと同じく水彩のにじんだようなモノグラム・モチーフのバッグも魅力的に映りましたね。ルイ・ヴィトンのバッグは大好きでいろいろ持っていますが、これらはより普段使いによさそうだなあと。コレクションを発表するたび、新しい驚きを与えてくれるルイ・ヴィトンは本当にすごいと思います」


HIROSHI TAMAKI
1980年愛知県生まれ。2001年公開の映画『ウォーターボーイズ』で注目を集め、映画やドラマを中心に活躍。現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」で砲術家の高島秋帆を演じて話題に。5月に公開予定の映画『HOKUSAI』では喜多川歌麿を熱演。4月から放送の主演ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系)が控えている。


掲載商品の詳細はこちら
ルイ・ヴィトンの公式サイトはこちら
Model:Hiroshi Tamaki
Photos:Saki Omi[io]
Movie:Takuya Kurahashi
Hair&Make-up:Yukiya Watabe[rilla]
Stylist:Kentaro Ueno Prop:Akihiro Yamaya
Interview:Misato Kikuchi