H條:予想が当たりましたね、発売日!


Y神:うむ。復活2シーズン目となる期待の「+J(プラスジェイ)」2021年春夏は、3月19日(金)発売。この論理的な予想はすごかった。


H條:順当でしたね。昨年11月に約9年ぶりに復活した「+J」のこれまでの経緯に関しては、先日UPした「過去作から大胆予想! ユニクロ「+J」、新作はシャカシャカ、ベージュ、ミリタリー!?」をチェックしてみてください。


Y神:ジル・サンダーさんが手掛ける「+J」。約2週間後に迫る2021年春夏シーズンにも期待です。




>>>この記事を音声で聴いてみる


H條:というわけで、本日は実際のアイテムをいち早く吟味すべく、「UNIQLO(ユニクロ)」のプレスルームにお邪魔しております。当初はウィメンズ1枚しか解禁画像がありませんでしたが、こんなにたくさんあったとは!


Y神:これが今春夏の「+J」メンズですか。キービジュアルはモノクロでしたが、やっぱり実際の洋服を見ると世界観がわかるよね。まさに、“青の時代”。


H條:うほっ。もはや今春夏のキーワードだ。



Y神:まあ、カラーパレットに関しては「ベージュとカーキ」に言及していたH條さんの予想は見事に大ハズレ。ネイビー以外にもベーシックの黒と白も完備しており、差し色にグレーが加わった感じ。


H條:うっ。


Y神:単色のネイビーに加えて春らしいネイビーストライプも並んでおり、今春夏の「+J」はパリッとクリーンな全体感です。ボクを含め全国のネイビー好き大人男子は大喜びでしょう。


H條:では気持ちを改めまして、我々が最速チェックした今春夏の「+J」のメンズアイテムから、大人男子にお勧めの商品をリコメンド!



①オーバーサイズブルゾン ¥9,990



Y神:ボク的にはメンズのキービジュアルとキールックで使用されていたネイビーの上下がお気に入り。H條さんの「ミリタリーテイストが来る!」予想は当たったみたい。


H條:ジャケパンよりもミリタリーアウターが中心で、スーツ族ではないきれいめカジュアル。前秋冬のムードは継続されているようです。


Y神:スタイリッシュで制服のようなミリタリーアイテムはジル・サンダーさんの真骨頂かと。発売日の3月19日あたりなら、まだ寒いしブルゾンから先に売れそう。


H條:とにかくこのカラーパレットが、「+J」2021年春夏の象徴と言ってよいでしょう。このネイビーを目に焼き付けておきたい。



②ワイドフィットカーゴハーフパンツ ¥3,990



Y神:そして、対になっていたコットンショーツがこちら。ライトなミリタリーブルゾンとタック入りワイドショーツの組み合わせは新鮮かと。


H條:まったくのネイビーワントーンで美麗フォルムが際立ちますね。ネイビーの中でも、これは花紺や茄子紺って呼ばれる色合いかしら。


Y神:たぶんショーツもミリタリーパンツがジル・サンダーさんのインスピレーション源。左のフラップポケットだけを残して、フロントホックでトラッドな印象もプラス。ショーツといえどもやや長めの膝丈くらい。膝が出ちゃうのはちょっと…という大人でもはきやすいレングスなのもうれしいところ。


H條:夏を見越してマストバイ!


③シルクコットンクルーネックセーター ¥5,990



Y神:大好きなネイビーとブルーのバイカラーなんて、想定外すぎて嬉しい限り。緩く着こなしたい軽めのクルーネックニットです。


H條:リブも緩めで長袖Tシャツのような面持ち。後ろ裾のほうが若干長かったり、細かい箇所のデザインも凝っていますよね。


Y神:うむ。モダンにカッティングされた後ろ裾の長いデザインは、秋冬のニットやカットソーから継続だね。快適に着こなすためのデザインが、シルエットに反映されている気がする。



④ドライスウェットハーフジップパーカ ¥4,990



H條:ここは「ユニクロ」のプレスルームですが、実際の店頭もこんな風景かも。シュッと身が引き締まりそうなネイビーの群れ、そこに絡まるピュアホワイト・・・。


Y神:今春夏のテーマに掲げられた“Quiet Optimism”のイメージそのまんま。穏やかで、前向きな世界観。


H條:伸縮性のあるテック系フリースのフーデッドパーカーとリブ付きスウェットパンツの上下も、オーバーサイズで今の気分。プルオーバーでもジップアップでもなく、異色のハーフジップデザインです。



Y神:先のMA-1の縦ポケットもそうでしたけど、今春夏はジル・サンダーさんのプラスひと手間のデザインが冴え渡っている印象。


H條:ほら。こんなところにも「+J」。ジップもオリジナルです。


Y神:絶妙なスタンダップフードでマスク下まで覆ってくれる。テック素材だから三角フードのフォルムもブレずに決まる。ベーシックアイテムで持ってないカタチだと、つい財布の紐が緩んじゃうよね。



⑤ドライスウェットパンツ ¥3,990



H條:フーディと同素材のスウェットパンツがこちら。確かに、自分のワードローブには無いネイビーカラーが印象的です。スポーツミックスで単品活用してみたい。


Y神:ボクはワンサイズ大き目を上下で着こなしてワンマイルウェアとして使いたいかな。犬の散歩とか。ウエストのグログランが効いていて、これだけでかなり「高見え」です!


H條:パンツ本体と同色の紐も、ミニマルの極みでなにげにポイント高いんですよね・・・って、あれ?



⑥セルビッジ スリムフィットストレートジーンズ ¥5,990



Y神:どしました?


H條:いや、スウェットパンツと同じように手持ちしていらっしゃいますが、それ、「+J」のデニムですか?


Y神:いかにも。


H條:遂に出ましたね。2009年秋冬の記念すべき「+J」の1stシーズンから、スラックスやチノパンばかりでデニムがあった記憶すらございません。リジッドでネイビーもネイビー。マストバイ過ぎてもう・・・。



Y神:前秋冬はスーツ地のスラックスとコットンチノだけだったから、満を持しての発売って感じかな。シルエットはワイドでもルーズでもない、スリムフィットのストレートですって。細いね。


H條:ヒップパッチの「+J」がポップテイスト。この商品写真のインパクトたるや、推して知るべしでしょう!


Y神:脇割りシームの赤耳デニム。ほんと、セルビッジまで抜かりない。発売日には先にデニムをゲットして、そこからネイビーコーデを組み立てるとよいと思う。


H條:ちなみに、リジッドのネイビーのほか、オフホワイトとブラックもあるみたいですね。同じく脇割りシームだと思われます。僕はブラックを狙ってみようかしら。



Y神:試着ルポも高まってまいりました。ここで、今春夏のマイ・フェイバリット「+J」をお披露目いたしましょう。


H條:こ、これは、素材は「ユニクロ」で定評のあるスーピマコットンで、Y神パイセンど真ん中のネイビーストライプ柄。オーバーサイズのシャツなのかブルゾンなのか、とにかくオリジナリティ溢れるデザインのようです。



⑦スーピマコットンオーバーサイズシャツ ¥5,990



Y神:秋冬はインナーに、春先はアウターにもなるシャツブルゾン。無地もありますが、ストライプ柄がY神的にはお勧めです。


H條:コーチジャケット風でもあり、柄に隠れていますが身頃の左右にミリタリーな縦ポケットもあり、しかも裾がドローコードで絞れるんですかこの優等生は。


Y神:フロントボタンのグログラン補強もポイント。



Y神:着た感じは個性的で、かつ普遍的で、これみよがしではないちょうどよいデザインバランス。今春夏の「+J」は、絶対に試着したほうがよいと思う。絶妙なシルエットのバランスを肌で感じて欲しいです。


H條:デザインてんこ盛りでも、恐ろしいかな、これはベーシックアイテムの範疇にありますよね。とことん着まわせて5,990円はびっくりです。


Y神:年初に発売されたクリストフ・ルメールさん率いる「ユニクロ ユー」のブラックミリタリー、今春夏の「+J」、そしてこれから発売のカントリー調「ユニクロ アンド JW アンダーソン」、3つのスペシャルラインそれぞれが独自路線を突き進んでいる。全力で受け止めたい。



H條:というわけで、前編「ネイビー編」のラストカットはウィメンズをチラッと。


Y神:1枚のみの解禁だったウィメンズのキービジュアル、全体像はこんな感じだったとは。着用ブルゾンは、ナイロン系で、「シャカシャカ」・・・?


H條:予想記事での最後のキーワード、ちょっぴりカスりましたかね。後編では「ネイビー、じゃないほう」を間髪入れずにUPする予定です。乞うご期待!



>>>この記事を音声で聴いてみる




UNIQLO:+J 2021 Spring/Summer Collection
デザイナー:ジル・サンダー / 発売日:2021年3月19日(金) / 発売店舗:全国のユニクロ店舗とオンラインストア
+J 特設サイト:https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/collaboration/plusj/21ss/

Text: Takafumi Hojoh