美しいだけじゃない、着てみると
身も心も軽くなることを実感する

ドリス ヴァン ノッテンのコートは一見普通のステンカラーコート。けれど、裏地のない軽い仕立てや、肩はフィットするのに袖がすごく太かったりと堅苦しさ皆無の“ゆとり”を感じる一着は、まさにこの春着たいコートの筆頭。薄手のコットン生地が、歩くたびにひらりひらりとひるがえるのが気分よし! コート¥140,000・シャツ¥44,000・パンツ¥79,000・スニーカー¥54,000/ドリス ヴァン ノッテン


ラフな格好も、自由気ままに
コートをはおればサマになる

燃えるような夕日とロマンあふれる乗り物などが描かれたシャツに、リアルなウォッシュ加工が施されたジーンズ。レトロな雰囲気漂う組み合わせに、何年も前から着てきたような雰囲気が魅力のダブルブレステッドコート。足首まで届くほどの九分丈コートは、切りっぱなしの裾や極太の袖が着るだけで洒脱な印象に。着続けるうちにさらに深い味わいになりそうだ。コート¥224,000・シャツ¥83,000・ジーンズ¥119,000・バッジ¥40,000・シューズ¥102,000/バレンシアガ(バレンシアガ ジャパン)


黒ジャケットが苦手な人も、こんなコート
ならモノトーンで着たいはず

白いシャツに黒いコート、20代の頃に好んでいた着こなしだ。ただ一つ、身体のラインに沿っていたコートがふんわりとまとうシルエットに変化していることを除いては。夫のルークがOAMCも手がけるメイヤー夫妻による初コレクションは、ブランドらしいミニマルデザインはそのままに、モードを“ゆるく”再定義した。コート¥372,000・シャツ¥46,000・パンツ¥132,000・スニーカー¥72,000・バッグ¥194,000/ジル・サンダー(オンワードグローバルファッション) ソックス/スタイリスト私物


肩肘張らないコートが
実はいちばん色気を感じると気がついた

パリッと生地が張ったトレンチコートは、あまりにもダンディで今着るには少し勇気がいる。ならばと、アルマーニが提案したのはキュプラのトレンチ。ぬめり感のある肌触りは初体験で、着丈が長いのにまったく重く見えないどころか、むしろ軽快感がある。ドロップショルダーによる脱力感はジャケットには出せない大人の余裕なのだ。コート¥380,000・シャツ¥77,000・パンツ¥130,000・スニーカー¥74,000・バッグ¥240,000/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)


オンワードグローバルファッション TEL:0120-919-256
ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070
ドリス ヴァン ノッテン TEL:03-6820-8104
バレンシアガ ジャパン TEL:0570-000-601

Photos:Masanori Akao[white STOUT]
Hair&Make-up:Rumi Hirose
Stylist:Toshihiro Oku
Models:Kohei Ikeue Jordan.H Joep.V

春のファッションの本格的なスタートとなるUOMO4月号で、大々的に特集するのは「コート」です。「ジャケットの代わりにはおるコート」「王道を攻略する“裏道”」「春コート3強、愛される理由」など…春だからこそ買うべきコートとサマになる着こなし方をお届けします! ピンクの花柄シャツの上にグッチのグリーンのコートを羽織った、伊勢谷友介さんの表紙が目印です。
▶試し読みはコチラ