Tシャツをカシミヤで作る大人感!


2019年秋冬にブランド始動したばかりのユニセックスカシミヤブランド「BODHI(ボーディ)」が、旬の目利きに定評のある「L’ECHOPPE(レショップ)」と初コラボ。


ホワイトカシミヤを使用したポケットTシャツが、1月30日から「レショップ青山店」で発売される。



実は、カシミヤ素材は夏以外の秋・冬・春の3シーズンを通して着られる天然の機能素材。春においては暑苦しくはなく、体温・外気・地肌、3つの温度を天然のカシミヤの繊維がナチュラルに調整してくれるのだ。


デザインベースは1970年代のオーセンティックな「Hanes(ヘインズ)」。極細毛のホワイトカシミヤを天竺のように詰めて仕上げ、ラグジュアリーな素材の強さを打ち出し過ぎない素朴な空気感が魅力だ。



ちなみに胸ポケットはハンドステッチ仕上げとなっており、商品1点1点の仕上がりに表情がある。個体差は個性と考え、カシミヤならではの“強天然”を楽しもう。


価格は75,000円。3シーズン通して着用できるならば、長袖ニット以上の割安感さえあるかもしれない。




BODHI×L’ECHOPPE:WHITE CASHMERE POCKET T-SHIRT
発売日:2021年1月30日(土) / 価格:¥75,000
販売店舗:レショップ青山店(住所:港区南青山3-17-3)
レショップ公式 WEB STORE:https://baycrews.jp/brand/detail/lechoppe
※価格は全て税別です。

Text: Takafumi Hojoh