レトロなカラーリングに現代的な機能をのせて

高い防水・透湿性をもつGORE-TEX®に身頃は保温性の高い光電子ダウンを、さらに袖やフードにはプリマロフトの中綿を採用したハイブリッドなダウンジャケット。ネイビーパンツとのコントラストも、雪山に調和しながら、この冬いちばんの輝きを放つ。
ジャケット¥59,000・パンツ¥32,000/ゴールドウイン(ゴールドウイン・カスタマーサービスセンター) ヘルメット¥26,000・ゴーグル¥27,000/ポック・グローブ¥16,000/ヘストラ(すべてフルマークス)

ゲレンデで映える目の覚めるような赤

犬ぞりのレーサーや南極観測基地で働く人も着用するという極寒地仕様のジャケットは、あえて大胆なカラーをチョイスしたい。マイナス20度まで耐える高機能パンツと合わせて、もちろん機能面も抜かりなく。
ジャケット¥110,000・パンツ¥48,000/カナダグース(カナダグース 千駄ヶ谷店) ゴーグル¥26,000/オークリー(ミラリ ジャパン) グローブ¥15,000/ヘストラ(フルマークス) ニットキャップ/スタイリスト私物

人気の北欧ブランドからはスモーキーなグリーンを

フリーライディングやバックカントリー向けにデザインされたシェルジャケット&パンツは、ともにGORE-TEX®を採用し高い防水性と透湿性を備える。アクティブなディテールをふんだんに盛り込みながらもどこか洗練された表情をもつのは、北欧ブランドのノローナならでは。
ジャケット¥74,000・パンツ¥65,000/ノローナ・ヘルメット¥17,000・ゴーグル¥32,000/ポック・グローブ¥15,000/ヘストラ(すべてフルマークス)

「霧氷テラス」で絶景を眺めてみる

インスタ映えすると人気なのが、雪山の上から眺める霧氷の木々。白樺などに空気中の水蒸気が着氷しつくりあげる幻想的な光景は「スキーを滑らなくても一見の価値アリ!」とリヒトも絶賛。テラス隣接のカフェで飲むホットドリンクも格別の味だ(写真はテラスそばのクラウドウォーク)。


営業時間:8時~15時
霧氷テラス隣接の「てんぼうかふぇ」も15時まで

氷の空間「バー アイスウッド」でおいしいお酒を飲んでみる

星野リゾート トマム内にあり、氷のホテルやアイスリンクを体験できる氷の街「アイスヴィレッジ」。その中にある「バー アイスウッド」は、氷で作られたバーカウンターでお酒を味わえる非日常空間だ。


営業時間:17時~21時30分(最終入場)
氷のグラス付きドリンク¥1,500~ バー アイスウッドでは、フルーツのオリジナルカクテルなどを氷のグラスで提供している

「ホタルストリート」で日本初のスキーインスキーアウトをしてみる

「cafe&bar つきの」
スキーを滑りながらゲレンデの中腹に立ち寄り本格的なフードやショッピングを楽しめる“スキーインスキーアウト”。その日本初となる本格的スキーインスキーアウトヴィレッジの「ホタルストリート」がトマム スキー場にオープン! 人気のカフェ 「つきの」では、名物のサンドイッチ「とまこっぺ」¥380~や温かい「バターミルクラテ」¥600などが味わえる。
インナーダウン¥44,000/ノローナ(フルマークス) ブーツ¥20,000/ソレル(コロンビアスポーツウェアジャパン)


営業時間:11時~22時30分(L.O.) 60席
サンドイッチ、コーヒーのほか、アルコール類もあり

「フルマークス トマム」
食事だけではなく、北欧ブランドを中心に扱うアウトドアプロショップ「フルマークス」で買い物ができるのも魅力。


営業時間:11時~21時
ノローナやポックなど本場のスノーウェア&ギア類を多数取り揃える

カナダグース 千駄ヶ谷店 TEL:03-5860-6518
ゴールドウイン・カスタマーサービスセンター TEL:0120-307-560
コロンビアスポーツウェアジャパン TEL:0120-193-803
フルマークス TEL:0120-724-764
ミラリ ジャパン TEL:0120-009-146

Photos:Takemi Yabuki[W]
Stylist:Naoki Ikeda
Model:Rihito[UOMO Model]
Special Thanks:Hoshino Resorts TOMAMU FISCHER BASE TOMAMU SALOMON STATION
Movie edit:Yohey Suzuki