おじさんアイテムを色合わせで
フレッシュに

おじジップアップニットカラーシャツ
カラーパンツ

何も考えなしにただ着ると、老け込んで見えがちな“おじさんアイテム”も、色合わせ次第で印象ががらっと変わる。例えばこんな薄手&シブめのジップアップニット。インのシャツをサックスブルーに替えるだけでも、ぐっと印象が軽やかになる。カラーパンツに振りきるのもいい。

ジップアップニット¥36,000/マーガレット・ハウエル(アングローバル) シャツ¥19,000/エイチ ビューティ&ユース パンツ¥38,000/グラフペーパー

白のBDシャツフェアアイルニット
カラーパンツ

白のBDシャツなんて、一見何にでも合うように思えて、どう合わせても実はコンサバ感がついてまわる、紛うことなきおじさんアイテム。やわらかなピンクのフェアアイルニットでフレッシュさを取り入れたい。

ニットベスト¥26,000/トゥモローランド トリコ(トゥモローランド) シャツ¥24,000/エンジニアド ガーメンツ パンツ¥27,000/ヴィガーノ×インターナショナルギャラリー ビームス(インターナショナルギャラリー ビームス)

コンサバブルゾンカラーニットキャップ

クラシックなアウトドアブルゾンとベージュ色の組み合わせは、まさに“おじさん”の代名詞。中にニットのラガーシャツを挟んで、オレンジのニットキャップを。トップの蛍光色が程よいアクセントに。

ブルゾン¥8,000/トリマウンテン(ダメージドーン セカンド) ラガーシャツ¥15,000/ビームス プラス(ビームス プラス 原宿) パンツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース ニットキャップ¥4,800/ハイランド2000(メイデン・カンパニー)


カラーマフラーは襟の間で馴染ませる

冬のマフラーは悩ましい問題。比較的簡単に明るい色を取り入れられるアイテムだが、狙いすぎるとあざといし、浮いて見えかねない。解決策はやはり首元。コートの襟と、中のジップアップベストのスタンドカラー、二つの襟で挟んで馴染ませるのがいい。

マフラー¥25,000/ジョシュア エリス(エディフィス 新宿) コート¥168,000/コモリ(ワグ インク) ジップアップベスト¥30,000/グラフペーパー


セットアップをモノトーンで着るのはやめる

Aキャメルカラーのセットアップにピンクは悪くない。問題は分量。やや強いので、ハイネックで首元からのぞかせて、ベージュのシャツで馴染ませるくらいがいい。さりげない大人の余裕で、嫌みなくマウントをとりたい。

ジャケット¥43,000・パンツ¥33,000/エンジニアド ガーメンツ シャツ¥18,000/スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー) カットソー¥21,000/ノア(ノア クラブハウス) シューズ¥66,000/パラブーツ(インターナショナルギャラリー ビームス)

Bそこまでの冒険心がなければ、手堅くいつものシャツを明るい色のものにチェンジするくらいでも、ずいぶん違った印象になる。チャコールグレーにやわらかなレモンイエローの組み合わせははた目にも気持ちいい。

ジャケット¥88,000・パンツ¥42,000/ユーゲン(スティーブン アラン トーキョー) シャツ¥26,000/ヘリル(アンシングス) カットソー¥16,000/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) シューズ¥23,000/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)

Cモノトーンでまとめがちなセットアップ。気持ちはわかるが、それじゃあまりに面白味に欠ける。大胆に色を差すくらいの気概が欲しい。黒に赤だとコントラストが強すぎだが、これは濃紺なので、まとまって見える。

ジャケット¥58,000・パンツ¥38,000/コモリ(ワグ インク) ブルゾン¥7,000/ヘリーハンセン(ダメージドーン セカンド) カットソー¥15,000/マーガレット・ハウエル(アングローバル) スニーカー¥9,990/アディダス オリジナルス(アディダスお客様窓口)


蛍光イエローのベストパートナーは
カーキ
だった!

首元に蛍光イエロー!

アクセントカラーとして不可欠な蛍光イエロー。だが振り返ると、色を効かせたつもりがただ浮いていた…なんて失敗に陥りがち。なぜか? 合わせる服の色を間違っているから。蛍光イエローと最高に相性のいい色、それはカーキ。カーキのスキッパーニットのインにイエロー地のストライプシャツを重ねて、首元に蛍光イエローのサーマルを。無理なく、モダンに見える。

ニット¥52,000 /コモリ(ワグ インク) シャツ¥18,000/トゥモローランド カットソー¥19,000/アンユーズド(alpha PR)

ニットで蛍光イエロー!

コートにももちろん適用可能。ミリタリー色が強くなって、敬遠されることも少なくないカーキのコートにこそ、発色のいいイエローニットを。それだけでシャレっ気が加わって軽やかに見える。

コート¥98,000/ラファーボラ ニット¥19,800/ノア(ノア クラブハウス) ポロシャツ¥14,000/ラコステ(ラコステお客様センター) スウェットパンツ¥36,000/コモリ(ワグ インク)

キャップで蛍光イエロー!

イエローをカーキと近接させず離して取り入れるのも有効だ。カーキのパンツにブラウンのカットソー、縦のつながりを緩くもたせて、頭に蛍光イエローのニットキャップ。このギャップが、メリハリを生む。

シャツ¥16,000/エルイー(レショップ 青山店) カットソー¥12,000/エイトン(エイトン青山) パンツ¥150,000/クリスタセヤ(ビオトープ) ニットキャップ¥4,800/ハイランド2000(メイデン・カンパニー) メガネ¥38,000/アヤメ ブーツ¥87,000/ルメール(エドストローム オフィス)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Tatsunari Kawazu[S-14]
Hair&Make-up:kazuhiro naka[KiKi inc.]
Stylist:Shuhei Yoshida
Models:Charles Joel Kishiro Ohno Taketo Masui