H條:よもやよもやだ。Y神パイセン、これは事件ですよ。


Y神:前回の記事でボクらが速報したユニクロ「+J(プラス ジェイ)」だけど、各アイテムのクオリティだけじゃなくて、プライス設定もツーランク上だったって話よね?


H條:はい! それに公式サイトのアイテム詳細もチェックしていくと…ヤバイんです。細かすぎて伝わらないモノマネみたいな。11月13日の発売日には店に「+J」販売マスターがいて欲しいくらいです。


Y神:ん?、なんだかよくわからないけどH條さんは細かいディテールにうるさいからね。ちなみに前編でのボクらの結論は「狙いめはダウン」ってことだったけど。


H條:ではまずダウンアイテムから、マストバイを紹介していきいましょうか。



これが「+J」のダウンジャケットだ!

ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ|¥15,900



Y神:ボクが公式ヴィジュアル解禁時から注目していた「ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ」がこちら。カラバリはダークグレー、ブラック、ワイン、ダークグリーンの4色。個人的にはネイビーがないのが残念だけど。



H條:ダウンダウンしていない見た目でスタイリッシュに着こなせそう。全体に640フィルパワー以上のダウンが入っています。


Y神:640フィルパワーというと?


H條:たとえば「ザ・ノースフェイス」のヌプシで700フィルくらいですかね。雪山未満ってイメージです。今秋冬の「+J」は基本的に640フィルで統一されていますね。


Y神:街着としてちょうどいい感じってことかな? 商品説明にある「雨水をはじく耐久撥水性のある高密度な合成繊維を使用したマットな生地」も気になるね。マットな素材感がどんなものか、早く実際の商品を触ってみたい。



ライトダウンボリュームパーカ|¥12,900



H條:おっと、これは前編でY神さんが挑戦してみたいと宣言していたホワイトのダウンジャケットのショート丈ですね。


Y神:うむ。「ライトダウンボリュームパーカ」です。ロングだけじゃなくてショート丈にもホワイトがあるのね。裏地とジップの黒がいいアクセントなんだよなあ。


H條:ジル・サンダーさんらしいミニマルデザインで通常ラインの「UNIQLO(ユニクロ)」と比べて口元まで届くくらいネックが高いのが特徴です。スウェットパーカにも言えることですけど、フード部分がしっかりと映えるボリューミーな見た目って、なかなかありそうでないんですよね。



Y神:カラバリはオフホワイト、ブラック、ブラウン、ブルーの4色。ブラックは裏地がワインレッド。ドレッシーなスーツの裏地みたいな配色だね。「ユニクロ ユー」でも人気だったトレンドカラー、ブラウンもよさそう。こちらは裏地が黒でシックな雰囲気。


H條:ブラウンはショート丈だけの展開ですね。ロング丈の「ライトダウンボリュームロングフーデッドコート」の色展開はオフホワイト、ブラック、ブルーの3色。どうせならY神パイセンとお揃いで白を着ようかしら。



ライトダウンボリュームロングフーデッドコート|¥17,900



Y神:気になるプライスは、ショート丈が12,900円で、ロング丈が17,900円。


H條:5,000円の差とはまた絶妙な…。通常のユニクロダウンと比べるとやはりツーランク上のプライスで、本気でお財布と相談するレベルかと。


Y神:トレンドのボリュームシルエットと、フードの形のよさ、生地の高級感の3つは明らかにこちらに分がありそうだから、「+J」の方を選ぶ価値は十分あると思うよ。さすがにこの価格だと「迷ったら2つ買っちゃえばいっか!」ってわけにはいかないけどね。



ダウンオーバーサイズリブブルゾン|¥12,900



Y神:では、H條さんのマストバイアイテムは?


H條:ズバリ、「+J」の1番人気を予想しますと、アメリカ空軍の「CWU-36P」をモチーフにした「ダウンオーバーサイズリブブルゾン」です。これが早期完売必至。


Y神:その心は?



H條:よくあるアーミーブルゾンかと思ったら、こちらも640フィルパワーのダウンジャケットでした。オーバーサイズのトレンドシルエットで、二重襟になっていて防寒性もあり、ブラック、ワイン、ダークグリーンの3色とも使いやすい。トドメは12,900円の価格設定です。


Y神:なるほど。価格も今回のダウンのラインナップの中ではリーズナブル、フレッシュなデザインで店頭でも目立ちそうってわけか。



コートとジャケットは品質表示を見よ!

カシミヤブレンドオーバーサイズチェスターコート|¥24,900



H條:Y神パイセンが気になっていた、ロングダウンに合わせたチェスターコートはどうですか?


Y神:待望のカシミヤ混コートが「+J」で登場。「カシミヤブレンドオーバーサイズチェスターコート」は買わない理由が見当たらないです。


H條:カシミヤ比率が気になり素材をチェックしてみると、カシミヤ14%・羊毛84%・ポリエステル2%の割合。カラーも黒と紺の2色展開で、売れ筋に絞ってきた印象ですよね。


Y神:はい、いかにも。


H條:とにかく、24,900円の価格が事件です。「ユニクロ」で2万円台を初めて見ました。9年前の「+J」、こんなにしましたっけ?


Y神:たしかにねえ。だがしかし! これはその価値があるアイテムとみた!



ウールブレンドチェスターコート|¥19,900



H條:そのへんのプライス問題もちゃんと想定しているようで、カシミヤ混ではない「ウールブレンドチェスターコート」も用意されています。19,900円。


Y神:ダウンジャケットと同じくまたしても5,000円の差か。ぐぬぬ。


H條:同じネイビーでのこちらだと、素材が毛80%・ナイロン20%に変わります。


Y神:あ、待って。こっちはオーバーサイズじゃなくてジャストフィットなのか。サイジングの好みで選ぶのがいいかもね。



H條:続いてのテーラードアイテムは、前編でY神パイセンがベタ褒めしていたパッチポケットの単品ネイビージャケットです。セットアップでのパンツの展開はありません。


Y神:そういえばパンツのラインナップは?


H條:「ユニクロ JW」の商品ラインナップと似ていて、パンツはウールのスーツ地のボトムスばかりで綿パンは1型のみ。「ボトムスはお手持ちのデニムで~」といったアウター重視の提案なのかも。


Y神:確かにコラボラインのトップスのクオリティはすさまじいよね。このジャケットもオンオフ問わずヘビロテできそう。で、アイテム画像は?



ウールブレンドオーバーサイズジャケット|¥15,900



H條:こっちのほうの「ウールブレンドオーバーサイズジャケット」ですね。お値段15,900円で、カラーはネイビーとブラック、素材は毛90%・ナイロン10%です。


Y神:むっ。H條さん、まさかまたチェスターのようにカシミヤ混があったりするの?


H條:御意。問題は、同じ名前で値段も同じということなんです。


Y神:名前も一緒って…マジっすか。



ウールブレンドオーバーサイズジャケット|¥15,900



H條:それがこちらのカシミヤ混の「ウールブレンドオーバーサイズジャケット」。価格は同じで、カラーはネイビーとワイン、素材は毛90%・カシミヤ10%になります。


Y神:同じ値段ならカシミヤ混のほうがよい気もするけど、たぶん、ヴィジュアルに使われたほうはストレッチ入りでスポーティな感じ? 見た目の生地感の差や、肌触りの差はどうだろう? これは試着しないとだね。コートと違って、オーバーサイズとジャストサイズの差でもなさそうだし…。


H條:「お使いのブラウザ環境で色味が実際の商品と異なる場合があります」の注意書きがここまでピッタリ該当する例はなかなかないでしょう。



Y神:おや。両方ともネイビーを含む2色展開で、ウールだとアザーカラーがブラック、カシミヤ混だとアザーにエンジっぽい色があるんだね。


H條:黒とネイビーが主流のコート&ジャケットで、ワインはこれだけ、しかもカシミヤ混。目立ちたいなら狙い目です。ここまで微妙な差で異なるアイテムがあると、「+J」についての知識が完璧な販売員さんが働いている店舗で買いたくなりますよね。



ジル・サンダーさんらしさはシャツ&ニットにもしっかり!

スーピマコットン オーバーサイズシャツ|¥3,990



Y神:ジル・サンダーさんといえば!のシャツはどうかな?


H條:単色かパッチワークか、襟付きかノーカラーか、比翼ボタンかノーマルか、でそれぞれバリエーションがありますね。表面的には同じ色とサイジングのシャツで、襟裏に施された隠れボタンダウンのディテールのみが違う別アイテムなんてのも。


Y神:な、なんという微細なこだわり。その隠れボタンダウンは表面からは見えないもん。


H條:シャツのカテゴリはまさにカオス状態です。その中では、ボタンも見えず、襟もない、あるのは「+J」の「+」デザインだけという「スーピマコットン オーバーサイズシャツ」がオススメ。洗濯機で洗ってもボタン裏がヨレない比翼仕立てです。



カシミヤブレンドクルーネックセーター|¥12,900



Y神:ボクはとにかく「+J」ではカシミヤ推しかな。「ユニクロ JW」で背中がバイカラーになったデザインもあったけど、「+J」では待望の単色使いの「カシミヤブレンドクルーネックセーター」があるよ。


H條:素材がカシミヤ89%・ナイロン11%の割合で、カシミヤ100%ではない。注目すべきは、説明文に書かれている「カシミヤにストレッチ性をプラス」の部分かと。


Y神:いかにも。今回の「+J」はナイロン混の素材が多くて、ストレッチ性にジル・サンダーさんがこだわったのが見て取れる。通常のカシミア100%よりも、見た目もスポーティでソリッドな風合いになっていると予想。


H條:「+J」でのお値段は12,900円。参考までに、「ユニクロ JW」のバイカラーのカシミヤニットと「ユニクロ」既存ラインのカシミヤニットは、両方ともカシミヤ100%で値段も同じ9,990円です。



Y神:うーむ。カシミヤニットは3つを着比べてみる必要があるかもね。首回りは「+J」のが一番詰まってそうな気がする。「JW」のさりげないバイカラーもいいし、通常ラインのオンラインだと50色から選べるカシミアニットもかなり魅力的だしなぁ。


H條:買う側が試されているような気さえします。


Y神:あらためて今秋冬の「+J」は長く着られる珠玉のアイテム揃い。まさに“ツーランク上の大人のライフウェア”と言えるでしょう。さすが、ジル・サンダーさん。


H條:というわけで、Y神パイセンのお買い物ですが、想定で電卓を叩いてみました。


Y神:はい。


H條:こちらのカシミヤのニットが12,900円、カシミヤ混のパッチポケジャケットが15,900円、カシミヤ混のチェスターが24,900円、白のショート丈ダウンが12,900円、あとソリッドダウンが15,900円。ざっと合計でこんなん出ましたけど。


Y神:よもやよもやだ!




UNIQLO: +J 2020 Fall/Winter Collection
発売日:2020年11月13日(金) / デザイナー:ジル・サンダー / シーズン:2020年秋冬 / 販売店舗:オンラインストア、全国のユニクロ店舗(一部店舗除く) / ※価格は全て税別です / +J 特設サイト:https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/collaboration/plusj/20fw/

Text: Takafumi Hojoh