隈研吾建築都市設計事務所提供


1999年にアメリカ・シアトルに誕生した人気のライフスタイルホテルAce Hotel(エースホテル)。その土地に古くからある建物をモダンにリノベーションし、地域性を重視したデザインやホテル運営を展開する同ホテルが次なる出店地に選んだのは、京都! アジア初上陸となる「エースホテル京都」が4月16日(木)、旧京都中央電話局を一部保存し、修復した棟と新築棟を融合した複合施設「新風館」内にオープンする。

隈研吾建築都市設計事務所提供


日本を代表する建築家 隈 研吾氏が建築デザインを監修し、エースホテルの長年のパートナーでLAを拠点に活動するデザインスタジオ Commune Design(コミューン・デザイン)が内装デザインを手がけ、「East meets West」をコンセプトに、染色工芸家の柚木沙弥郎氏をはじめとするアーティストたちの作品や、空中庭園など、京都ならではの文化や伝統を取り入れ、日本の意匠と西洋のテイストを融合した空間に。館内にはユニークな3つのレストランとカフェを併設するほか、ロビーでは本国エースホテル同様にさまざまなイベントを開催。さらに1日1組限定でウェディングも!

Photograph by Stephen Kent Johnson


気になる客室は、スタンダードキングほか3つのスイートを含む9タイプ、全213室を展開し、エースホテルにとって重要な“音楽”を象徴するターンテーブルやギターをはじめ、本ホテルのために国内外のクリエイターが制作したオリジナル家具やアートがモダンな空間を演出。アメニティには日本のuka(ウカ)によるオリジナルプロダクトが採用され、今後は国内外の全エースホテルでも使用されるという。



宿泊予約は1月28日(火)よりエースホテル公式サイトにて、2月12(水)より電話受付がそれぞれスタート。一泊一室¥30,000~(サービス料別)の開業特別料金も見逃せない。いよいよ4月16日(木)、美しい春の京都に誕生する新たなランドマーク「エースホテル京都」へ行かなくちゃ!


エースホテル京都(ACE HOTEL KYOTO)
開業日:4月16日(木)
住所:京都府京都市中京区姉小路通東洞院西入車屋町245‐2
客室:213室 全室30㎡以上(うち5室はスイート)
宴会場:366㎡の大宴会場を含む計3施設
料飲施設:レストラン、ロビーラウンジ、コーヒーショップ
その他:ジム、リテールショップ、ギャラリーなど
宿泊予約専用 TEL:075-229-9001
www.acehotel.com