自分か親友か。人生を左右する
天秤にかけられた若者の葛藤を繊細に描く

1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆放棄を伝えるニュース映像を目の当たりにする。クラスの中心的な存在の2人は、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を行った。それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは「社会主義国家への反逆」と見なされる行為だった。生徒たちは、やがて調査に乗り出した当局から、一週間以内に首謀者を継げるよう宣告されてしまう。大切な仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、それとも信念を貫いて大学進学を諦めて労働者として生きる道を選ぶのか…これからの人生に関わる重大な選択を迫られる。

第二次世界大戦後、新しく作られた社会主義国家である東ドイツでは、その歴史や若者への教育が重んじられていた。そこで育った思春期を迎える若者たちは、少なからず権威的な考えを持つ親世代、ひいては社会に対して反抗心を持つことは想像に難くない。ましてや、本作の若者たちが通っていたのは大学進学用の上級クラスであり、彼らは未来の東ドイツを支える人材と思われていた。本作は、タイトルの通り希望を手に入れるために前に進もうとする若者たちを描いている。しかし、それは東ドイツにとっての希望とは限らなかった…。

東西冷戦下の東ドイツをテーマにした映画というと、やはり歴史が絡む重厚な作品と思われがちだが、本作には自分なりの自由を求め、考え、行動する芯の強い若者たちの(時代的には派手ではないにしろ)眩しいほどに輝く青春が詰まっている。労働者の息子のテオとエリート階層のクルトは、対照的な家庭環境で育ちながらも堅い友情と絆で結ばれ、それぞれ恋をし、“今”という時間を謳歌している。そして、(まだベルリンの壁ができる前の1956年!)、たびたび西ベルリンへ列車に乗って出かけるような若者特有の好奇心と行動力も持ち合わせている。そんな彼らが、東ドイツでは「社会主義国家への反革命行為」とされるハンガリー動乱で命を落とした市民に対して、同じ人間として黙祷を実行したことで、予想だにしない歴史的事件へと発展する。

ただここでは、自分たちを裁こうとする東ドイツの教育者や官僚への恐怖よりも、クラスの生徒の間で共有する友情や自立的思考の喪失、そして自らのアイデンティティと大切な家族への思いの尊さが前面に描かれている。積極的に若手俳優たちを起用したことで、青年の奔放さや葛藤を生々しく表現し、作品に奥行きをもたらしているのだろう。一人の正しい人間として取った行動により、その人間らしさを否定されかけているとき、彼らは新たな理想を求めて大きな決断をすることになる。(脚色はされているものの)歴史というキャンバスの中で、物語のドラマ性が鮮やかな彩りを放っている見事な作品だと感じるはずだ。


『僕たちは希望という名の列車に乗った』

監督:ラース・クラウメ
出演:レオナルド・シャイヒャー、トム・グラメンツ、ヨナス・ダスラー、ロナルト・ツェアフェルト、ブルクハルト・クラウスナー
2019年5月17日より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
@2018 ZDF

『僕たちは希望という名の列車に乗った』公式サイト

Text:Hisamoto Chikaraishi