2人のおじさんが見つけたのは、
人生に大切な人を信じる心とかけがえのない友情

1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは粗野で無学だが、腕っぷしがありハッタリも得意で、家族や周囲から頼りにされていた。コパカバーナが改装のために閉店となった2カ月間、トニーは、黒人ピアニストのドクター・ドナルド・シャーリーにコンサートツアーの運転手として雇われる。彼は巨匠ストラヴィンスキーから「神の域の技巧」と絶賛され、ケネディ大統領のためにホワイトハウスでも演奏するほどの天才なのだが、なぜか黒人差別が色濃い危険な南部を目指していた。そして、黒人が利用できる施設を記した旅行ガイド「グリーンブック」を手に、2人はツアーへと出発する。

ガサツだけど生き抜く力に溢れ、家族や仲間に愛されるイタリア系の用心棒と、気品ある上流階級に身を置くが、孤独を感じている天才の黒人ピアニスト。正反対の性格を持った2人のバディームービーと聞いただけで、男子はワクワクする。黒人への差別意識がはびこる南部へのツアーで、シャーリーは観ているこちらが辛くなるほどの厳しい仕打ちを受ける。しかし、次第に彼の才能に心を動かされるトニーがともに困難を乗り越えてくれる。対して、粗暴な態度を取るトニーの中にある人間としての魅力を知ったシャーリーは、彼を静かに諌め、正しい振る舞いを教える。ここで気づくのは、人間は必ずいいところがあり、そして相手のいいところを見つけることができる、ということ。そんなトニーとシャーリーの2人の性格を、我々は心に持ち合わせている。だから、2人のピースフルな交流を目の当たりにすると、その柔らかい幸福感に共感するのだ。

ちなみに、本作を観ていて、ふと少年ジャンプの漫画に近い匂いがすると感じた。ジャンプの作品が大人になってもなぜか“気持ちいい”のは、物語の要素である「友情」「努力」「勝利」が簡単に手に入らないものだからだろう。『グリーンブック』ではウィットなユーモアを交えながら、さまざまな困難を乗り越えていく中で、その3つが表現されていく。ツアーの途中、シャーリーがトニーに語る「暴力で勝てないこともある。尊厳で戦うんだ」という部分では、人として、男としてさらに成熟した「友情×努力×勝利」というマインドを示している。こういった大人の男子がグッとくるポイントが随所に盛り込まれていて、ついつい自分も助手席に乗り込んでいるような感覚になってしまう。シャーリーが意を決して南部へのツアーを敢行した本当の理由がわかるラストまで、大いに笑って感動して楽しんでほしい。


『グリーンブック』

監督:ピーター・ファレリー
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ
2019年3月1日より全国公開
©2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

『グリーンブック』公式サイト

Text:Hisamoto Chikaraishi