約20年前のラブコメヒット作

——今回紹介する作品は2001年公開の『愛しのローズマリー』です。前回紹介した作品の流れで、この作品を選ばれたとのことですが…。

高橋芳朗(以下、高橋):前回の『アイ・フィール・プリティ 人生最高のハプニング』(2018年)は容姿にまつわるコンプレックスを題材にした物語だったわけだけど、この映画を観て『愛しのローズマリー』を連想した人は結構多いだろうと思って。設定からして似ているところがあるし、『アイ・フィール・プリティ』をさらに掘り下げていく意味でもこの機会に取り上げてみるのは有意義なんじゃないかなと。この20年でラブコメ映画を取り巻く状況がどのように変化してきたのか、考えるうえで良い比較対象になると思うしね。

ジェーン・スー(以下、スー):アメリカでも比較して語られたらしいね。監督は曰くつきと言われがちなファレリー兄弟。代表作には『メリーに首ったけ』(1998年)や『ふたりにクギづけ』(2003年)があって、バカバカしい、過激、タブーに切り込んでいく監督と捉えられていたんだけど…いま観るとそうも言っていられない。私も公開当時に『メリーに首ったけ』を観て笑って、でも嫌な気分がうっすら残ったんだよね。いまならその理由がわかる。女性だけでなく男性のことも馬鹿にし過ぎているし、ご都合主義の後味が悪い。いかにこの20年間で社会の意識が変わったか、自分の意識が変わったかがわかる作品と言えるかも。

高橋:まずは『愛しのローズマリー』のあらすじを簡単に。「父親の遺言を守って外見の美しい女性だけを追い続けてきたハル(ジャック・ブラック)は、ある日エレベーターに乗り合わせた自己啓発セミナーの講師から内面の美しい女性が美人に見えるようになる催眠術をかけられる。その直後、彼は街で見かけた太った女性ローズマリー(グウィネス・パルトロウ)に一目惚れ。本当の彼女の姿を知らないまま猛烈なアタックを開始したハルだったが…」というお話。

スー:『アイ・フィール・プリティ』は、容姿に自信がない女性主人公が事故のせいで自分がイイ女に見えるようになった話。『愛しのローズマリー』は、容姿でしか女の人を好きになれない男ハルが主人公で、心の綺麗な女性が絶世の美女に見えるようになった話。役割が逆になっているようで、そうでもないのがミソ。

高橋:似たようなセリフが飛び出したりもするんだけど、観る側の受け取り方はぜんぜん違ってくると思う。『アイ・フィール・プリティ』のレネー(エイミー・シューマー)は自尊感情が低い女の子だったでしょ。でも、ローズマリーは「私は自分がどういう人間か知っている」と言っているように自分自身をちゃんと受け入れてるんだよね。

スー:『愛しのローズマリー』では、観客はハルの視点を持つ構造になっているから、私たちの目にもローズマリーは美女に見える。だけど、それ以上に彼女のユーモアや頭の回転の良さが印象的だし魅力的。

高橋:うん。普通に「この人と一緒にいたら楽しそうだな」と思えるウイットがあるよね。

スー:決定的に違うのは、『アイ・フィール・プリティ』はイイ女になったレネー(エイミー・シューマー)の姿を観客に見せず、『愛しのローズマリー』は美女の姿と本来の姿の両方を見せているところ。つまり『アイ・フィール・プリティ』はなにが「美」かを視覚的に限定しない。「これが美の基準です」とは言ってないのよね。ただ、現実を突きつけられた時の対応が2作品とも似てて。レネーもハルも魔法が解けてしまった時に、もう一度魔法をかけてもらおうとするの。「もう一度、嘘でもいいから騙してくれ」って方向にいっちゃう。現実に向き合えないばかりか、容姿の力に抗えない。

——主人公のハル自身はイケていないのに自信満々なんですよね。そこもレネーと違うところだと思いました。

スー:あれも勝手な設定だよ。ハルはどんだけ図太いんだっていう。繊細な男性だってたくさんいるのに。「容姿が悪い女は性格がいい、容姿がいいと性格が悪い」って前提も勝手な決めつけだし。性格と容姿が完全に反比例するわけないじゃない。可愛くて性格のいい子なんてたくさんいるし、その逆もあるわけだから。たとえば今のラブコメ映画の中で言えば“可愛くて性格のいい子”役をブルックリン・デッカーが一手に引き受けてるよね。これは新しいラブコメ映画のカタチで、性格が良くて可愛くて非の打ち所がないライバルを持ってきて、主人公が自己嫌悪するっていう(笑)。『愛しのローズマリー』には、ブルックリン・デッカーがいないのよ。だから、20年前の作品って感じがする。

高橋:まあ、そのへんはあまりに一面的で公開当時からかなり違和感あったよね。20年経過した今となっては余計に。

スー:他にもハルの目には美女に見える女の子、つまり容姿はイマイチだけど心の綺麗な女の子って設定の役が何人か出てくるんだけど、みんな挙動不審なの。変なところで笑ったり、おどおどしていて、いわゆる誇張されたコミュニケーションが苦手な不美人の振る舞いをしている。「心が綺麗でもブスなら挙動不審」って決めつけには腹が立つけど、確かにステレオタイプな美女でも自信がなさそうだとローズマリーほどは魅力的には見えない。ここは『アイ・フィール・プリティ』とうっすら通じるところかもね。振る舞いが相手に与える印象を作るというか。

高橋:あとこの映画、邦題こそ『愛しのローズマリー』だけど原題は『Shallow Hal』なんだよね。直訳すると「浅はかなハル」。つまり本来作り手側がフォーカスしているのはローズマリーではなくハルであって、日本の映画会社は確信的にミスリードにしてる。

スー:これ、私はオエっとなる。『浅はかなハル』って原題が邦題にも付いていればどういう映画かわかるのに、日本では女性が主人公じゃないと売れないし、“ごうつくな男の浅はかな話”より“可愛いグウィネス・パルトロウが主役のローズマリーの話”の方がみんなに観てもらえるって判断されたであろうことが推測されるのが闇だな、と。

ハルの心の変化

高橋:ハルはローズマリーと出会う前、同じアパートに住んでるジル(スーザン・ウォード)を熱心に口説いていたんだけど、その言い草が「今度会社のパーティに連れて行きたいから5日間だけ付き合ってくれよ」とかそんな感じなんだよね。もう完全に女性をモノとしてしか見ていない。でもローズマリーに対しては最初こそ見た目で接近していくんだけど、次第に彼女の人間性に惹かれ出していくのがよくわかる。

スー:それまではひどかったもんね。女の人を戦利品のようにしか見てなかった。ローズマリーとコミュニケーションを取るようになってからは、一緒にいて楽しいというかけがえのない喜びをハルは知ったんだよ。それは『アイ・フィール・プリティ』でも言えること。レネーの彼は、レネーのことを「こんなにポジティブで面白い人は見たことはない!」って好きになったわけで。レネーは自分を絶世の美女だからモテていると思っていたけど、実はそうじゃない。「やっぱり見た目が一番大事でしょ!」っていうトロフィーワイフっぽい強迫観念から逃れられない男の人に伝わるといいなぁ。

——そんな男性が観ると勉強になるところって他にもありますか?

スー:ハルのナイト(騎士)気質。ローズマリーが容姿のことでからかわれたり、レストランで彼女が座っている椅子が壊れた時、ローズマリーに絶対恥を掻かせまいとするところ。彼女が受けた不当な扱いに「君たちが悪い」としっかり目の前で抗議できる人ってなかなかいないと思う。絶世の美女が彼女だからできるわけでもないというか。

高橋:確かにハルはローズマリーと出会うことによって人間的に成長したとは思うんだけど、とはいえラストの着地を素直に受け入れられるかというとそれはまた別の話で。催眠が解かれて初めてローズマリーと向き合うときのハルのあの態度に説得力をもたせるには、もうちょっと繊細に彼の心境を描く必要があったんじゃないかな。

スー:ほかにもツッコミどころ満載なんだけど、『アイ・フィール・プリティ』と同時期に観ると発見があるかも。どう違う? 何が同じ? って話せたら、すごく楽しいんじゃないかな。この作品を観て感じた違和感を紐解けば、現行の政治的な正しさについて理解を深めていける一歩になるかも。

高橋:最後に劇中の挿入歌についてひとこと。エンディングにエジソン・ライトハウスの1970年のヒット曲「Love Grows (Where My Rosemary Goes)」が流れるんだけど、たぶんこの曲が映画の原案になってるんじゃないかな。これはサブタイトルにある通りローズマリーという女の子について歌った曲で、歌詞は「みんなローズマリーのことを変わったコだって言うけど彼女がどれだけ素敵な女の子か僕は知っている。ローズマリーが行くところには愛が生まれるんだ」みたいな内容。まさに人を好きになることの喜びに目覚めたハルの高揚感を代弁するような曲なんだよね。さっき物語の決着のつけ方に苦言めいたことを言ったけど、それでも鑑賞後にハッピーな気分になれるのは「Love Grows」の圧倒的な多幸感にねじふせられたところが大きいと思ってる(笑)。


ジェーン・スー

東京生まれ東京育ちの日本人。作詞家、ラジオパーソナリティ、コラムニスト。現在、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」(月曜~金曜 11:00~13:00)でパーソナリティーを務める。

高橋芳朗

東京都港区出身。音楽ジャーナリスト、ラジオパーソナリティ、選曲家。「ジェーン・スー 生活は踊る」の選曲・音楽コラム担当。マイケル・ジャクソンから星野源まで数々のライナーノーツを手掛ける。

SHARE