空白の時間を超越して共鳴しあう
兄弟の絆と愛情がスクリーンに溢れる

かつては東洋チャンピオンまで登り詰めたプロボクサーだったが、現在は明日の暮らしもままならない40歳を過ぎた冴えない男、ジョハ。家族も恋人もおらず、孤独に生きてきた彼は、17年前に別れたきりの母親インスクと偶然再会する。喜ばしい再会とはほど遠い重たい空気が流れる中、タダで寝床と食事を提供してくれるという申し出につられ、渋々母親の家へ向かう。するとそこには、初めて存在を知る弟のジンテの姿があった。サヴァン症候群のジンテに戸惑い、時にイラ立ちながらも家族の時間を過ごしていくが…。

ジョハはある過去の出来事をきっかけに、若いうちから家族と別れて一人で生きてきた。今はアルバイトをしながらホームレス寸前の暮らしを送っているが、人一倍自分の力だけを信じ、また一人で厳しい世の中を渡り歩く決意があったからこそ、WBCウェルター級東洋チャンピオンの座を得られたと想像できる(ジョハ役のイ・ビョンホンの、元ボクサーという役に適う肉体美と、適度にくたびれた“フツー”の中年に扮する演技力はさすがのひと言!)。そんな、ある意味孤独や反骨心をエネルギーにして暮らしてきたであろうジョハにとって、歳を取った母親との突然の再会、さらには初めて見る弟ジンテとの出会いは、なんとなく続くと思っていた彼の人生の大きな分かれ道となる。

サヴァン症候群のジンテは、日常生活も母親の介助がなければままならず、彼自身は生まれてからずっと親の愛を受けて育ってきた。一方ジョハは、年を重ねるとともにできていたことができなくなった悔しさや、家族の愛情を十分に受けることなく大人になった過去を持つ。親子という限られた世界の中で生き、何事に対してもまっすぐな感情を表に出す、自分とは正反対な弟に対して、ジョハは疎ましさを感じ、つい邪険に扱ってしまう。しかし、ジンテの天才的なピアノの才能を目の当たりにした瞬間、ジョハは弟との共通点を感じ取ったに違いない。それは、限られた人が手にする才能と、誰もが持つことのできる家族の絆だ。もしかしたらここで初めて人の気持ちに同調できたのかもしれない。

そして、ふだんは露骨な態度を取りながらも、いざという時は母や弟のいちばんの味方になろうと行動するジョハ。家族の関係や空白の時間が埋まっていく中で、ジンテの才能を形にするためにピアノコンクールに連れていくが、思わぬ方向に運命が動き出す──。いびつでどこか微笑ましい家族がたどる結末は…バラせないけれど、ここで言えることは、今作に関わった製作陣、キャスト陣が口を揃えて「シナリオがすばらしかった」と語る心温まる物語であるということ。ストーリーに身を任せて、笑って、泣いて、楽しむことをおすすめする。


『それだけが、僕の世界』

監督:チェ・ソンヒョン
出演:イ・ビョンホン、パク・ジョンミン、ユン・ヨジョンほか
2018年12月28日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開
ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

『それだけが、僕の世界』公式サイト

Text:Hisamoto Chikaraishi