事実と真実は必ずしも同じではない。
父親が暴き、隠した家族の本当の姿

巨大ゲーム会社の代表を務め、さまざまなビジネスへの投資も行うイム・テサンは、権力と富、そして再婚を控えた美しい歌手の婚約者であるユナに恵まれていた。気がかりなのは、ユナになじまない娘のミラとの関係。ある夜、ユナが無残に殺され、ミラに殺人の容疑がかかるという最悪な事態が起こる。娘の潔白を証明するため、イムは力と金を使い自ら事件の真相について調査を始め、チェ・ヘジュンという若い弁護士を雇う。それと同時に、ユナの熱狂的なファンを公言するキム・ドンミョンを突き止める。彼はユナが殺された事件現場の監視カメラの映像を見たと主張するが…。

最愛の家族と最愛の恋人。天秤にかけられないほどの大切な人たちが、ある日突然、自分の元から消えてしまう恐怖。容疑者は娘で、被害者は婚約者。確固たる社会的地位を手に入れた冷徹な男は、すべてを投げ打ってでも、真実を確かめようとじりじりと歩を進める。娘のミラを犯人とみる検察側と、彼女の中にある無垢な心を信じる弁護側の証言は食い違い、法廷での闘いは次第に激しい熱を帯びていく。それぞれの思惑を抱えながら展開していく裁判劇は重厚で、緊張感たっぷり。1秒たりとも目が離せない。ミラは犯人かもしれない…そう思った矢先に決定的な証拠が見つかり、意外な事実が明るみになる。

真犯人を暴くまでのクライマックスに誰もが驚きを隠せないだろう。なぜなら、目で見たものが事実となる恐ろしさに、観客はイム、ミラ、チェ弁護士をはじめとする登場人物と同じ目線で直面するからだ。そして、娘を守るために奔走するイムを演じるのは、映画『オールド・ボーイ』や『悪魔を見た』で鬼気迫る演技を見せたチェ・ミンシク。家族に向けた愛を言葉少なにも表現した、彼の圧倒的な存在感、演技力は、緊迫した物語の屋台骨となり、鑑賞後も脳裏に焼きついたまま。真実はいったいどこにあるのか、イムとともに最後まで追いかけてほしい。


『沈黙、愛』

監督:チョン・ジウ
出演:チェ・ミンシク、パク・シネ、リュ・ジュンヨル、イ・ハニ、イ・スギョンほか
2018年7月28日よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて全国順次公開
© 2017 CJ E&M CORPORATION, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

Text:Hisamoto Chikaraishi