普通は悪! 普通はクソ! そんなもんアータ、ウンコですよウンコ! 異常こそ我が人生! そう心に決め、日常的に高速道路を出口から一輪車で全力侵入。スラロームで華麗に対向車をスウェイしながら制止しようとするJAFの奴等をちぎっては投げちぎっては投げ、ハァッハァッと息を荒らげながらサービスエリアに赴き、古びた売店の一角にすまなそうに置いてある著作権がグレーゾーンっぽいCDを全部買って老人ホームに啓蟄記念プレゼントとして送りつけたり、他人から「うわっダメだあの人」と憐れまれるよう邁進しておるがんばり屋さんです。休みの日は当然朝から太陽を裸眼で見ることに専念。それによって一日の出だしから水晶体がブスブスに焼け焦げ何も見えなくなり、仕方なく目の前にあるものすべてを盲牌。瀬戸内寂聴先生(R.I.P.)の頭部だと思って触っていたものが大きめのマリモだったりとかで無駄にドキドキしていい感じ。自分の右腕にデッカく「左」とセルフ刺青、訂正のためテプラで「向かって」というシールを作って貼った直後お風呂に入って全はがれ。正常ではない状態を謳歌しています。いーんですそれで。

で! そんなアンチ普通の旗手、私・掟ポゼストが常に愛用している即席異常アイテムが、こちらの銀ラメ(塗るタイプ)! 瞼の上をちょちょっと悪魔的に塗りたくるだけで、ハイ! どっから見てもカタギに見えなくなりました~! こんな瞼ギンギラギンにした銀行員とか現実世界には絶対いないもんね!


銀ラメの粉。一度ヤバかったのが、いつものラメ粉より多少大きめのを間違って買って付けたところ、目に入ったらまぁ3日経っても全然出てくる気配なし。肉眼で四角形に見えるそれ、表面張力が働いて眼球に張り付いて出てこねええ! 痛え&気持ち悪ぃい! 目に異物感3日間、やっとのことでアイボン使ってウォッシュアウト出来ました…。皆さんも瞼の上に銀ラメ塗りたくる時は肉眼で見て四角形に見えないやつを使って! まぁそんな機会が訪れる人俺以外いないと思いますけど!


私・掟ポルシェ、1997年よりロマンポルシェ。なるバンドをやっておりまして。初ステージに上がる際素顔で出ていくのが恥ずかしくて、なんかしらメイクを施そうと画策。わかりやすく顔面を異常な状態に逸脱させてくれるものはなんだろう?と頭を悩ませていたところ、たまたま本屋で立ち読みしたファッション誌に目の周り銀ラメで塗りたくってる弾けたバカの写真があって、「あっこれパクろ!」と。とはいえ一般的なコスメ商品でこんなやりすぎギンギンアイテムはないっちゅうんで困っていたら、東急ハンズのパーティグッズ売り場にありました! 銀ラメの粉! 迷わず即購入! ボディジェルを接着剤代わりにして瞼の上にビッシリふりかけ! 砂粒くらいの大きさだったんで最悪目に入っても翌々日くらいには涙と一緒に流れて出ちゃう便利グッズ! デビューステージから9年間は粉ラメで瞼彩ってきましたんで、多分眼球の裏側には銀ラメ溜まってんじゃないですかね。俺が死んで火葬したら眼窩底からギンギラギンの粉めちゃめちゃ出てくると思う。親族の方々、お骨と一緒にご笑納ください。


ヒルカ変身クリーム塗りたくり時代の俺。ドイツ製のこれ、意外と夏場腐ったりして異臭を放ってました。おっさんのわきの下でずっと熟成されたクレヨンみたいなオイニーがゴイスー。

舞台屋のシルバークリームファンデーション。需要が少ないだけに意外とお高めなの。宇宙人役を演じる方にオススメ。


その後2006年に某テレビ番組出演の際、何故か俺のキャラクターが「東海道五十三次にある川をすべて泳いで渡る人」という意味不明すぎなものになってしまい、結果水中でラメの粉は全部流れ落ちちゃうっつーことで、やはり東急ハンズのパーティグッズ売り場で買った「ヒルカ変身クリーム(銀色・ドイツ製)」にチェンジ。あの、イチビった奴がサッカーの応援とかする時に顔に塗って気分盛り上げるエクストリームパーティグッズね。こんなの俺以外買う奴いんのかよ、と思っていたら案の定数年後にはハンズで取り扱い中止。しばらくの間銀色クリーム難民(なんだそれ)になっていたんですが、舞台メイクを扱う国内ブランドの舞台屋にシルバークリームファンデーションがあることを知り、そっから使用し現在に至る。こんなの俺か宇宙人のメイクする奴かのどっちかしか使わねえよな…取り扱ってるうちに買いだめしときます!


Profile
1968年北海道留萌市生まれ。ニュー・ウェイヴ・バンド「ロマンポルシェ。」のボーカル、楽器、および説教担当。荻窪のラーメン屋「ひつじそば 人と羊」をこよなく愛する。



Text:Okite Porsche
Photos:Kanta Matsubayashi
Title Design:ZUMA

SERIES

「掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ」の記事一覧

掟ポルシェ_推し活メモリーズ_ゲルニカ

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #13】普通なんて求めてない! 10代から現在まで愛聴してやまないゲルニカという異才

掟ポルシェ_推し活メモリーズ #12

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #12】気持ち悪い! 禍々しい! 絶望的なまでの病み! myポジパン=CHRISTIAN DEATH

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #11】最高に耽美で、最高に気色悪い=北村昌士。これ最高の賛辞です!

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #10】ああん?「温かみがあるからやっぱレコード」だぁ? CDだろ、CD!

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #09】思い返せば、俺の青春だった、みるくがかえってきた!

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #08】’90年代女子プロのキャラクターレスラー、もう好きで好きでたまんない!

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #07】猥雑でいかがわしい=最高! マーク・アーモンドへの愛が溢れすぎる

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #06】今月は私が目の周りに塗りたくっているギンギラギンなアレの話

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #05】着倒してこそ正義! セーラーズの「コレクター」ではない!

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #04】引退後も途切れることなく想ってる! 中牧昭二のTシャツにありったけの愛をこめて

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #03】リヴァプールの残虐王=CARCASS。世界中の気持ち悪い音楽好きの同志に幸あれ!

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #02】他人にはゴミのような価値でも駆られて買っている。それが「ディヴァイン」。

【掟ポルシェの尊すぎ!! 推し活メモリーズ #01】何故、俺がサンバイザーをかぶるようになったか。

こちらは会員限定の記事です。
続きを読むにはぜひ無料の
UOMO MEMBERSにご登録ください!

ログイン・新規登録はこちら