その後の男女の意識を変えた
対決を通して描かれる人間賛歌!

1970年代、女子テニスプレーヤーの優勝賞金が男子の1/8だった時代。理由は性別の違いで、男性の試合の方が盛り上がるから…。全米女子チャンピオンのビリー・ジーン・キングは不満を抱え、仲間の選手たちと女子テニス協会を立ち上げる。やっとの思いでスポンサーを探し、女子だけの選手権の開催までこぎつけることができた。そして1973年、各地で散見されるようになった男女平等を訴える運動を追い風に、ビリー・ジーンたちは選手権を盛り上げようとする。そんな折、彼女は男子テニスプレーヤーで元世界王者のボビー・リッグスから男女対抗試合を申し込まれる。

当時、世界的ニュースになり、かなりの視聴率を稼いだ世紀の対決をもとにした人間ドラマ。今となっては男女混合で行うスポーツは当たり前だが、UOMO読者のほとんどが産声をあげた(もしくは生まれる少し前の)当時、アメリカではこれまでのスポーツ界をはじめ、社会、政治のあり方を揺るがすイベントが行われていたのだ! ボビーが表した“男性至上主義のブタ VS モジャ脚のフェミニスト”の試合の裏には、さまざまな男女の思惑があった。

発案者のボビーは、ギャンブル癖のせいで最愛の妻から三行半を突きつけられ、人生の一発逆転をかけていた。そして、一度は彼からの申し出を断ったビリー・ジーンもまた、ライバルの女子プレーヤーが自分の代わりに挑み、完敗したことと、彼女が抱える大きな愛を守るために、ついにバトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦いへと歩みを進めることに。

ビリー・ジーンを演じるのは、『ラ・ラ・ランド』でオスカーに輝いたエマ・ストーン。世界が注目する大舞台に挑む凛とした強さと愛嬌を持つチャーミングな女性像を好演。ボビー役は、コメディからシリアスまでこなす名優スティーブ・カレル。憎めないユーモアたっぷりなダメ男ながら、一方で一人の男性としての切なさをにじませる。また、男対女の激しい戦いをたどる本作でメガホンをとるのは、『リトル・ミス・サンシャイン』で個性豊かな家族の再生をたっぷりの愛情で描いたジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督夫妻。人間の愛すべき姿を大切に切り取る2人が見せる事実に基づいたストーリーは見ものだ。果たして男女の間で勝負はつくのか。はたまたどちらが勝つのか…自分が自分らしくあるための勇気をくれる爽快な物語をご覧あれ!


『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
出演:エマ・ストーン、スティーブ・カレル、アンドレア・ライズブロー、ビル・プルマン、アラン・カミング
2018年7月6日より、TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開
© 2018 Twentieth Century Fox

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』公式サイト

Text:Hisamoto Chikaraishi