映画が100倍楽しめる。

MAPPAが語る、0からわかる『呪術廻戦』

『劇場版 呪術廻戦 0』 乙骨憂太

『劇場版 呪術廻戦 0』がついに公開された。そこで今回は、TVアニメ版に続き、本作でも監督を務めた朴 性厚さんと、TVアニメ版ではシリーズ構成と脚本を担当し、劇場版でも脚本を手がけた瀬古浩司さんによるクリエイター対談が実現。アニメ制作のキーマンともいえる二人に、作品の魅力やクリエイションの秘密について深く語り合ってもらった。


アニメ監督 朴 性厚(パク・ソンフ)
アニメーター、演出家、監督。『呪術廻戦』のテレビアニメ版、劇場版で監督を務める。監督作に「牙狼〈GARO〉-VANISHING LINE-」「THE GOD OF HIGH SCHOOL-ゴッド・オブ・ハイスクール-」など。

シリーズ構成・脚本 瀬古浩司
アニメを中心に多くの作品を手がける脚本家。代表作に「進撃の巨人」シリーズ、「ヴィンランド・サガ」「平穏世代の韋駄天達」など。待機作に「サマータイムレンダ」「チェンソーマン」がある。


TVアニメシリーズとは
違うパターンを見せたい

――TVアニメシリーズがものすごく高く評価されて、その流れの中での今回の劇場版です。そもそも『劇場版 呪術廻戦 0』の企画はどういった経緯で始まったのですか?

朴 実はTVアニメのときも「0」をどうするかという話はあって、最初は「0」のストーリーからスタートさせて、第4話あたりでオープニングを変えて、主人公も交代するという形でやろうかというアイデアがあったんです。でも、それはなくなって、結局、今回劇場版としてやることになったわけですけど、原作自体が映画みたいな構成になっていることもあって、結果的にいちばんいい形になったかなと思っています。

瀬古 僕も映画の2時間というフォーマットでやるのはすごくいいなと思いました。ただ、大前提として「0」が1巻分しかないので、映画にするには分量が足りないんですね。そうなると、オリジナルの描写を足さないといけない。なので、脚本に関しては、乙骨憂太というキャラクターの成長の物語をいちばん太い軸として描きながら、それとは別の五条 悟と夏油 傑のドラマも織り込んでつくっていきました。

朴 とにかく瀬古さんの脚本が素晴らしくて、それに基づいて僕らはビジュアル面で乙骨がどう成長していくのか、どんなヒーローになっていくのかというところを中心に考えてつくっていきましたね。

――『呪術廻戦』の原点の物語であり、読者人気も高い「0」の映画化とあって注目度もすごいですが、劇場版の見どころはどこになりますか?

瀬古 やっぱりアクションシーンですね。『呪術廻戦』はアクションシーンがすごいと言われることが多いんですけど、劇場版はさらにこれでもかというぐらいかっこよくなっています。しかも、TVアニメのときは、バトルが森の中だったりしたんですけど、今回は市街戦もあるので、街の小道具とかもけっこう使っていて、個人的にはそこがすごくいいなと。

朴 今回のアクションシーンは目標でもあったんです。やる以上はTVシリーズと違うパターンを見せたいなと思って、すごく難しいチャレンジでもあったんですけど、自分がやりたかった中国映画のアクションとかいろいろな要素を取り入れながらつくっていったので注目してもらえたらと思います。

――制作するうえでTVアニメシリーズと映画で大きく違ったことは何かありましたか?

朴 つくり方としてはそんなに違いはないですけど、ビジュアル面で言うと、やっぱり今回は映画なので、シネスコフレームを使って、ちゃんと画角を広めにして情報量をしっかり入れてやっていくというところは違います。あとは、TVシリーズとは違うことをしたかったので、全体的に作品の背景の色とかを変えてみようと思って、わかりやすいところだと空の色味をちょっと変えたりしてみました。アニメにおいて外のシーンを撮るときにいちばん見えるのが空なんです。だから、空の色味によって全体的な雰囲気も変わってくるんですよ。

――なるほど。映像体験としても今回の劇場版はかなり違ったものになるということですね。

朴 そうですね。やっぱり映画って大きなスクリーンで観るものじゃないですか。だから、画面の色味の違いは意識しましたね。あと、大画面だと本当に細かく描き込まないとごまかしとかは全部バレちゃうんです(笑)。実写と違ってアニメの場合は全部描かなきゃならないから大変ですけど、ごまかしてつくったものをお客さんに出すのはすごく失礼なことなので、細かいディテールにもかなりこだわりました。

Vol.2はこちら


劇場版 呪術廻戦 0

『劇場版 呪術廻戦 0』

原作/『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』 芥見下々(集英社 ジャンプ コミックス刊)
監督/朴 性厚 
脚本/瀬古浩司 
制作/MAPPA
CAST/緒方恵美、花澤香菜、中村悠一、櫻井孝宏ほか

「僕は呪術高専で里香ちゃんの呪いを解きます」。通称“0巻”と呼ばれ、既刊単行本の中でも人気のストーリーの一つである『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』を映画化。『呪術廻戦』へとつながる愛と呪いの物語。
© 2021 「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 © 芥見下々/集英社


UOMO2・3月合併号特別付録は
アニメ「呪術廻戦」×UOMOコンビポーチ

虎杖悠仁×東堂 葵の大ポーチ 伏黒 恵×釘崎野薔薇の小ポーチ

虎杖悠仁(表面)×東堂 葵(裏面)による大ポーチ(縦140mm×横200mm)と、伏黒 恵(表面)×釘崎野薔薇(裏面)による小ポーチ(縦105mm×横150mm)の二種類がセット。シックなトーンのキャラクターをそれぞれプリントした”両面展開”のコンビポーチ。


UOMO2・3月合併号表紙 UOMO2・3月合併号の
試し読みはこちら!
▶︎


Text:Masayuki Sawada