完璧な仕立屋と理想のミューズが
紡ぎ出す歪んだ純愛のゆくえ

1950年代のロンドンで、その唯一無二のデザインと技術により高級婦人ファッション界の中心に身を置く仕立屋のレイノルズ・ウッドコック。社交界に名を轟かせ、客は後をたたない。彼が創り上げるオートクチュールに誰もが惚れ込み、酔いしれ、身を委ねる。完璧な造形と美を求める彼は、理想の身体を持つウェイトレスのアルマと偶然出会い、新たなミューズとして迎える。レイノルズは彼女をモデルに昼夜問わずドレスを作り、着せ替えつづける。仕立屋とミューズ──その関係が一線を超えた時、愛に震えた心と体は禁断の扉を開ける。

主人公のレイノルズを演じるのは、『マイ・レフトフット』(89年)、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(07)、『リンカーン』(12)で3度のアカデミー賞主演男優賞を受賞したダニエル・デイ=ルイス。徹底した役作りを行う彼は、撮影までに仕立てに関する本を大量に読み、ニューヨークシティバレエ団の衣装監督マーク・ハッペルのもとで洋裁を学んだほどだ。仕立てに対する眼差しやひとつひとつの所作は、体にあった服のようにしっくりなじみ、レイノルズを作り上げている。そこから広がる職人ならではのこだわりや愛の形、そして自尊心や苛立ちなどにリアリティを添えている。

アルマを演じるヴィッキー・クリープスはヨーロッパ映画を中心に活躍するルクセンブルク出身の女優。レイノルズの天才的な才能に触れ、美麗なドレスに袖を通すたびに輝きを増していくアルマを感情豊かに、みずみずしく演じている。美へ愛情を尽くすレイノルズの、激流のような感情に対峙しながら、ときに優しくときに大胆に(ある日の朝食に毒を入れたり…!)、芯のある女性として存在感を放つ。純粋がゆえ、次第にその関係が歪んでくるレイノルズとアルマは、完璧な愛を見つけられるのか、最後まで見届けてほしい。

そして、アルマたちが劇中で着こなしている、本作のために制作された50年代のきらびやかな衣装やドレスも大きな見どころ。細部まで作り込まれた世界は没入感があり、作品へのトリップ感が味わえる。今作で引退を表明したダニエル・デイ=ルイスが残す究極の愛の物語は、ぜひ劇場で。


『ファントム・スレッド』

監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィルほか
2018年5月26日よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか全国公開
©2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved

映画『ファントム・スレッド』公式サイト

Text:Hisamoto Chikaraishi