2020年の今年は「PAUL SMITH(ポール・スミス)」のブランド設立50周年!


このアニバーサリーイヤーに、英国が誇るファッションデザイナーであるポール・スミス氏の感性を紐解く書籍『Paul Smith』が10月にPhaidon社より出版。その日本語版である『ポール・スミス』が、11月22日に青幻舎より発売される。



豪華ハードカバーの全264ページから成るこの書籍は、花の種のパッケージから家族写真まで多岐にわたる“50のモノ”を通して、50年におよぶファッションブランド「ポール・スミス」の歴史と、ポール氏の思考プロセスやスピリッツを探るもの。


具体的には、1976年にパリで催された最初のコレクションショーや、1979年にオープンした記念すべきロンドン第1号店(44 Floral Street, Covent Garden)、ストライプの進化、最新コレクションやコラボ遍歴などが紹介されている。



ちなみに、カラフルな表紙は「ポール・スミス」オリジナルのストライプ柄を創る行程で使用する「糸巻紙」がインスピレーション源。どうやら新規でストライプ柄を創るには、色糸を紙に巻いた糸巻紙を複数並べ、異なる色同士の反射やファッションセンスをアナログに視認し想像する行程が必須らしい。


そしてこの色の重なりは、コンピューターの画面上でも見ることができず、三次元の現場で直接確認するしかないのだ。



なんともアナログな作業だが、この伝統こそ「ポール・スミス」の真髄なのだろう。


表紙だけでも語ることがありすぎる。とことんまでファッションセンスが詰まったこの書籍を、秋の夜長に読み耽りたい。




書籍『ポール・スミス』(日本語版)
発行日:2020年11月22日(日)初版発行 / 編者:トニー・チェンバース / 翻訳:植田まほ / 発行者:安田洋子 / 発行所:青幻舎インターナショナル / 発行元:青幻舎 / 判型:270×205mm / 総頁:264頁 / 製本:ハードカバー / 定価:¥7,500 / ※価格は全て税別です
https://www.paulsmith.co.jp/stories/aw20/paul-smith-by-tony-chambers

Text: Takafumi Hojoh