Tiffany & Co.ネームの
ROLEXエクスプローラーⅡ

「いつか息子にこれを託すときが来て、
また新しい物語が生まれると思うんです」

谷尻 誠さん/建築家・起業家
 生産数が少なく、手に入れるのが非常に困難なロレックスとティファニーのダブルネームウォッチ。谷尻さんがそれを手に入れたのは、まだ発売間もない1996年。22歳のときだ。
「あの頃は本当にファッションに夢中で、いろんなものを無理して買っていました。これはその時期の最たるものの一つ。当時だいたい80万円くらいで、普通に考えれば手の届くものではなかった。それを無理にローンを組んで買ったのを覚えています」
 しかし数年後、谷尻さんはお金が必要になり、手放してしまうことに。
「そのことは今もずっと後悔しています。なぜ売ってしまったのか…。本当は売りたくないのに売ってしまった自分の弱さ。お金で左右されてしまう未熟な自分だったのだと今は思います。その後も時計が欲しいと思ったことはあるのですが、何を買っていいかがわからなくてずっとモヤモヤしていました。最近になって、お世話になっているお店から『あのとき谷尻さんが持っていた時計が手に入りましたよ』と連絡が入ったんです。想像以上の値上がりに驚き、躊躇しましたが、同じ後悔をしたくなくて購入を決意しました」
 今は単純にお金で物事の価値を測ることはなくなった。
「欲しければ無理して買って、お金に困ったら売る。若い頃はそんなショートタームでしか判断できなかった。でもそれでは物事の真価は測れないんですよね。今はもっと長い時間感覚をもつことができるようになった。少しは大人になったかなって思います。だいぶ高い授業料でしたけど(笑)」


Photos:Arata Suzuki[go relax E more] Shintaro Yoshimatsu Takahiro Idenoshita Teppei Hoshida Toru
Text:Jun Namekata[The VOICE] Hisamoto Chikaraishi Takako Nagai

SERIES

「僕を大人にしてくれた服」の記事一覧

「大人の階段を上るというのは、ネクタイを結ぶことにある」
【僕を大人にしてくれた服】

「プライベートでもビジネスでも着る」メゾン キツネの カーディガン
【僕を大人にしてくれた服】

渋谷直角さんを「ファッションでも男としても目覚めさせてくれた」レコードバッグとは?
【僕を大人にしてくれた服】

トム ブラウンのシャツは「動きやすさを捨てて初めて飛び込んだトラッドな服」
【僕を大人にしてくれた服】

「質のいい洋服と長く付き合う楽しみを知った」モンクレールのダウンジャケット
【僕を大人にしてくれた服】

「上質なメガネを自分の一部にして自信をもらった」オリバーゴールドスミスの眼鏡
【僕を大人にしてくれた服】

おしゃれな大人はスーツもシャツも、眼鏡も「オーダーメイド」だった!

おしゃれな人の「僕を大人にしてくれた」運命の靴5選

建築家・谷尻誠がいつか息子に引き継ぎたいロレックスとティファニーのダブルネーム時計【僕を大人にしてくれた服】

【後編】おしゃれな人の「大人になった今だからこそ着たい服」10選

【前編】おしゃれな人の「大人になった今だからこそ着たい服」10選

このデニムが「僕を大人にしてくれた」。デザイナーと芸人が語る2つの名品とストーリー

伊勢谷友介らおしゃれな大人の愛用スーツ&ジャケット5選

滝藤賢一が愛用する「自分をセクシーな男にしてくれる」名品バッグとは?

おしゃれなあの人の「僕を大人にしてくれたコート」6選