都会派SUVとは一線を画す
プロフェッショナルな2台

 2018年、2台の四輪駆動車がバズった。スズキ・ジムニーが20年ぶりに新型に生まれ変わり、メルセデス・ベンツGクラス(通称ゲレンデヴァーゲン)が1979年のデビュー以来、初となるモデルチェンジを受けたのだ。



 クラスこそまったく異なるものの、この2台が特別な存在である理由は共通している。それは森林管理署の職員やハンターなど、プロが安心して使える本物の道具であるということだ。



 ヘビーデューティなフレーム構造を継承しながら、どれだけ快適になっているのかが、2台のモデルチェンジの注目点。サイズも価格もまったく違うけれど、野次馬根性から2台を比べながら進化の度合いをチェックしてみた。「見た目は?」「走りは?」「実用性は?」…9つの検証結果は発売中のUOMO11月号にて!

デビュー40年、初のモデルチェンジ!
Mercedes-Benz G-Class

NATO軍に採用された軍用車両の民生版が初代Gクラス。1979年に登場以来、基本構造を変えていなかったが、ついに刷新。乗り心地や静粛性、ハンドリングなどが飛躍的にソフィスティケイトされた。ただし中身を洗練しつつも、アイデンティティであるスタイリングはキープコンセプト。取材したG550(¥15,620,000)のほかに高性能版メルセデスAMG G63(¥20,350,000、ともに税込み)もラインナップする。

すでに納車は一年待ちとの噂!
SUZUKI Jimny

初代ジムニーのデビューは1970年。本格的な走破性能と耐久性の高さが評価され、全世界で194の国と地域に輸出、累計で約285万台を販売している。20年ぶりにフルモデルチェンジを受けた4代目は、軽自動車規格のジムニー(¥1,458,000~)と、1.5ℓエンジンを積むジムニーシエラ(¥1,760,400~、ともに税込み)の2本立てで、発売以来すでに大人気となっている。今回比較に用いたのは、ジムニーシエラのほう。


スズキ お客様相談室 TEL: 0120-402-253
メルセデスコール TEL: 0120-190-610

Photos&Movie:Yuichi Sugita
Text:Takeshi Sato